体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知って得する予約方法!後悔しないイタリア・フィレンツェの歩き方

Photo by:トモテラ「初イタリア フィレンツェ」より

Photo by: トモテラ「初イタリア フィレンツェ

TRiPORTライターのYOKOです。
イタリア旅行のツアーではローマに加えて1〜2都市のものが多く、イタリアと聞いて「ローマ」を思い浮かべる人も多いはず。他にも、定番観光地としてフィレンツェの名が挙がることもあります。

フィレンツェの観光スポットといえば、ウフィツィ美術館、アカデミア美術館、ドゥオーモ・ポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)、ミケランジェロ広場が有名です。場所によっては日本での事前予約をしておいたほうがいいところもあります。予約を上手く利用して、後悔しないフィレンツェの歩き方をマスターしましょう!

絶対に予約すべき2つの美術館

Photo by:Arikawa Satoko「フィレンツェのショッピングポイント、ヴェッキオ橋と中央市場」より

Photo by: Arikawa Satoko「フィレンツェのショッピングポイント、ヴェッキオ橋と中央市場

ウフィツィ美術館と、アカデミア美術館は予約必須です。ローマのバチカン美術館のように、予約をしていないと現地で長時間並ぶことになります。

【予約はこちらから】
ウフィツィ美術館公式ホームページ
アカデミア美術館公式ホームページ
【注意点】
・ホームページはイタリア語/英語のみ
・8ユーロの入館料+4ユーロの予約手数料
・おおよその入館時間を選ぶ必要あり

英語が苦手だけれど予約をしたいという人は、旅行会社のオプショナルツアーなどを利用するのがおすすめです。

予約しておいたほうが楽

Photo by:Yoko「本当に大好き♥フィレンツェ・ドゥオモ」より

Photo by: Yoko「本当に大好き♥フィレンツェ・ドゥオモ

映画『冷静と情熱のあいだ』の舞台として有名になったドゥオーモのクーポラへ登るには入場券が必要です。現在は10ユーロで共通券が発売されているので、こちらがあればクーポラにも入場できます。

【共通券で入場できるところ】
・クーポラ(円屋根)
・洗礼堂
・ジョットの鐘楼(こちらも登れます)
・サンタレパラータの地下聖堂(大聖堂内部から地下へ行けます)
・ドゥオモ付属美術館

現地でも共通券の購入ができますが、クーポラでは買うことができないので注意しましょう。少々時間はかかりますが、上記の5つの施設をまわるだけも結構楽しめます。街の中心部にあるので、行く途中に迷うことは少ないと思いますが、それぞれ入り口が探しづらいので、人の流れをよく見ておくといいでしょう。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。