体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNSがもたらした人気コンテストの時代。「いいね!」の数に騙されないで・・・

150619_social-media-life-look-perfect

「ソーシャルメディアでは見た目がすべて」という興味深い記事が「Elite Daily」で話題になっています。これは、ロンドンのウエストミンスター大学で放送ジャーナリズムを学ぶMiranda Athanasiou氏によって書かれたもの。

簡単にいうと、多くの人は目の前で起きていることを楽しむより、楽しんでいる様を「見せつける」ことに夢中だというもの。彼女の意見は、日本の私たちにも当てはまります。

shutterstock_227421814_R

ソーシャルメディアでは「見た目」がすべて。完璧に着飾った夜のお出かけの写真が、実際にその夜起こったことよりも大切だったりする。もし、周りの女の子がドレスを買ったら、それはパーティー用というよりFacebook用に買ったもの。

shutterstock_89269486_R

InstagramやSnapchatに写真をアップするのは、もはや常識。もしオモシロイことをしても、「いいね!」がもらえなければ、それは起こらなかった出来事に等しい。

それは、バーで半数以上の人がスマホを見ているのを見てもわかるはず。自撮りをしていない人は、Tinder上で知らない人とやり取り中。周りにいる人には顔をしかめて、ちょっとお喋りしてみようなんて考えない。

完璧じゃない写真をアップするなんて、想像もできない。ベストな照明とこだわりのアングル、さらにもっともシチュエーションに合ったフィルター…それらは、撮影時に欠かせません。

shutterstock_182090147_R

男性にとって重要なのは、女の子とデートをしたという写真。その女の子が本当はどんな子かなんてどうでもよかったりする。

別に女の子に対する基準が低いわけじゃない。ただ、画面から離れると完璧なんてつまらないということ。欠点があることが、実際に私たちを人間らしくさせているから。

shutterstock_192633656_R

もし誰かが花をプレゼントしてくれたら、あなたはその写真を撮ってもちろんアップするはず。でも、それを皆に知ってもらうだけで、あなたは幸せを感じるの?

独身の人は「リア充投稿」にご立腹。自分にパートナーがいない現実を突きつけるだけだから。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy