ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性の年金落とし穴 「第3号被保険者への未加入」問題とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性の年金にとって最も大きな落とし穴が「加入していたはずの第3号被保険者に“未加入”と記録されている」ことだ。もちろんその未加入分で年金受給額が大幅に減ってしまう。

 サラリーマンの妻(専業主婦)であれば保険料を納めなくても国民年金に加入できるのが「第3号被保険者」制度。ところが、会社員の妻だったのに実際は加入できていなかった人が続出し、「第3号の空白期間」は長年の社会問題になってきた。

 10年以上前の時点で、少なくとも150万人の女性に第3号の空白期間があったことがわかっているが、それもまだほんの一部にすぎないという。「年金博士」こと、北村庄吾氏(社会保険労務士)はこう指摘する。

「人生一生サラリーマンという人が多い男性に比べ、就職・結婚・出産・退職・再就職など、人生でさまざまなターニングポイントを経験する女性の年金加入歴は複雑です。

 だから、驚くほど女性の年金記録には“抜け”が多い。年金事務所に電話したり、窓口に行くことで、自分の加入歴をとことん確認することが絶対に必要です」

 そもそもなぜ空白期間が生じるのか――。

 それは会社員の妻だからといって、自動的に第3号に加入できるわけではないからだ。自分か、もしくは夫の会社が届け出なければ加入できない、不親切な制度なのである。

 原則的には会社が申請することになっているが、届け出が数か月遅れて、その期間が空白になっていたり、そもそも会社が申請し忘れたままのケースもある。

「特に、夫が転職した人は要注意です。夫が前の会社を退職すると、一時的に夫は厚生年金から外れ、国民年金の加入者になります。すると、その妻も第3号から国民年金に移る。その後、夫は再就職すると自動的に厚生年金に復帰しますが、妻は申請しないと第3号に移れないので、国民年金のまま。そのまま気づかずに放っておくと、国民年金の未納者として扱われてしまいます」(北村氏)

※女性セブン2015年7月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
サラリーマンから個人事業主まで すぐにわかる年金の仕組み
就職前に年金払っていなかった人々 任意加入で受給額増加可
国民年金の「任意加入」と「付加年金」で年金受給額アップ可

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。