ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進撃の巨人エレン役声優・梶裕貴 自暴自棄でモヒカンの過去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ちょっと高めの透明感のある心地いい声。撮影中の咳払いまで色っぽくてたまらない。アニメ『進撃の巨人』エレン役の梶裕貴(29才)が人気を博している。

「小学生のころから夢に向かって頑張ることが好きで、サッカー選手や漫画家など、夢は3日ごとに変わってました(笑い)。中学生以降は、声優という夢ひと筋で」

 と語る今は超売れっ子の梶だが、挫折も経験している。

「20才のころはオーディションに落ち続けて、何度もやめようと思いました。自暴自棄ぎみになって、似合いもしないのにモヒカンにしたこともあるんです」

 瞬時の切り替えと高い集中力が求められる声優業の疲労は並大抵ではない。

「さまぁ~ずさんが好きなので、家に帰るとバラエティー番組を見ることで仕事スイッチがオフになりますね」

※女性セブン2015年7月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
船の上で風が吹いた 美女のスカートがふわりと舞い上がった
前ジャイアン声優 入院患者のために「俺はジャイアン」歌う
人気男性声優の3条件は「イケボ、イケメン、サービス精神」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。