体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男気映画『激戦』、武闘派ダンテ・ラム監督の哲学 「人生は誰も助けてくれない」

男気映画『激戦』、武闘派ダンテ・ラム監督の哲学 「人生は誰も助けてくれない」

『ロッキー』を彷彿とさせる、涙とアクションの金字塔『激戦 ハート・オブ・ファイト』が、ついにBlu-rayとDVDでリリースされたが、そんな本作を撮りあげたダンテ・ラム監督に直撃インタビューを敢行してきた。

――ダンテ・ラム監督といえば、『ビーストストーカー/証人』や『密告・者』、『ブラッド・ウェポン』など、「銃撃戦にこだわりのあるノワール作品の名手」というイメージがあるのですが、今回の題材は総合格闘技ですね。

ラム:僕個人としてはアクション映画で銃撃戦を描くことは大好きなんですが、今作で総合格闘技を題材に選んだのは、ひとつ、香港映画界における重要な背景があるんです。

――詳しく教えてもらっていいですか?

ラム:2007年に『ビーストストーカー/証人』を撮ったんですけど、その頃の香港映画界には、現代を舞台にしたアクション映画がほとんどありませんでした。なぜかというと、中国市場を開拓するために、映画の内容の検閲を受けなければいけないんですよ……。

――公安や警察などの国家組織を描くのは大変みたいですね。香港映画界で活躍する他の監督も同じ悩みを抱えていると聞いたことがあります。

ラム:そう。検閲の審査は非常に通りにくいんです。だから多くの監督は現代劇を諦めて、時代劇を撮る。時代劇なら検閲もラクにパスできるから非常に撮りやすいんですね。でも僕は銃撃戦のあるアクション映画が好きだから、現代劇にこだわったんです。そしたら中国の検閲もクリアして幸いにも撮ることができた。ご存知の通り何作か現代アクションが撮れたんです。すると周りも「意外と現代アクション映画も審査に通るんじゃないか?」と気づいて、次第に香港映画市場に現代アクション映画が戻ってきたんです。

――ちょっとは状況がよくなってきてるんですかね?

ラム:でも、そういう状況になると、今度は「周りと同じように現代アクションを普通に撮るのもいかがなものか……」と思ったわけです。

――天の邪鬼な人ですね……。

ラム:で、いろいろ考えた結果、僕自身が大好きで、実際に普段からやってる総合格闘技の世界を題材に映画を撮ろう! と思ったんです。

――ラム監督って、鍛え抜かれたエグい体つきしてますよね……。いったいどんな格闘技をやられているんですか?

ラム:ムエタイです。ボクシングも一時期やっていたことがあるんですよ。とはいっても、僕にとってはムエタイをやるのも、ボクシングをやるのも、格闘技というよりスポーツの一環という感じなんですけどね!

――そんな爽やかに言われても……。『激戦 ハート・オブ・ファイト』の主演である、ニック・チョンさんとは過去何度もお仕事をされていますけど、ニック・チョンさんもムエタイをやっていると聞きました。それも今回の起用理由のひとつですか?

ラム:まさしくそうです。彼も長くムエタイをやっているんですよ。

――恐ろしいコンビだな……。ニック・チョンさんにはすぐに声をかけたんですか?

ラム:実はですね、彼とはいつも、まだコンセプトが固まっていない段階で「こういう映画が撮りたいんだけど……」って話をするんです。すると彼はだいたいその時点で「よし、やろう!」と言ってくれるんですよ。

――放課後の中学生のような固い絆なんですね。

ラム:『激戦 ハート・オブ・ファイト』に関して言うと、総合格闘技を題材にした映画というのは香港映画にあまりないパターンの映画なので、周りからも「おそらく成功しないだろう」と言われていて、投資者を募るのもずいぶん難航しました。だからニックに「総合格闘技で映画を撮りたいんだ」と言ったときは、まだ投資者はひとりも決まっていない段階だったんです。でも彼は普段通り「やりましょう!」と快くノッてくれて、早速自主訓練を始めたんです。

――ええっ!? まだ撮れるかどうかもわからない映画のために肉体作りを始めたんですか……どうかしてますよ!

ラム:この映画を撮ろうと決めた時にまず思ったのが「これは役者選びが大変なことになるぞ……」ということでした。なぜかというと、役者自身が時間を割いて、説得力のある肉体作りをしなければいけないからです。でも、香港にはそこまでやってくれる役者が少ないんですよ……。

1 2 3次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。