体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

理想の教師になりたい大学生が世界一周の旅に出た理由(後編)

DSC_5477

Photo credit: Shinya Hiraoka「外国語として学ぶのは日本語!?オーストラリアの学校見学

世界が注目する学校グリーンスクールに暮らす、TRiPORTライターの岡昌之です。
前回に引き続き、理想の教師になるために世界一周の旅を続ける大学生“ひらしん”に、オーストラリアでの先生体験とバリ島のグリーンスクールで感じたことを熱く語ってもらいました。

ゴールドコーストで先生になった“ひらしん”

フィンランドを後にした“ひらしん”は南北アメリカを縦断し、オーストラリアへと渡ります。たどり着いた先はゴールドコースト。またもや幸運にも日本語と数学の補助教員として、地元の学校へもぐりこむことに成功しました。

なぜオーストラリアを選んだの?

当初はカナダでワーキングホリデーをしようと考えていたのですが、定員いっぱいでビザが取れなかったんです。軍資金も心配になってきたので「オーストラリアのバナナ農園で働こう」と思い、オーストラリアへ渡りました。そしてたまたま見学に訪れた学校で「日本語教師のボランティアやってみる?」と突然誘われ、「はい!」と即答してしまいました。
でもここだけの話、この旅に出るまで日本語というものを真剣に考えたことがなかったんです。まさかそれが自分の中で新しい発見だらけになるとは思いもしませんでした(笑)。

それはどんな発見?

正直これまで「日本語を学ぶ・教える」ということの意味というか、価値を理解していませんでした。日本の大学に通っていたとき、それらを学ぶ学生に対して「なんで日本人なのに日本語勉強してんの?」と冷ややかに思っていたほどです。でも、世界に出てはじめてその重要性がわかりました。
オーストラリアの学校では、外国語の科目として日本語を選択する生徒がたくさんいます。進学や就職で有利になるわけでもないのにですよ。とにかく、もうみんな日本語が大好きなんです。というか、日本のアニメが(笑)。
「わからないことは何でも質問する」というお国柄もあるのでしょうが、生徒たちは驚くほど質問してきます。日本人なら意識せずに使っている「てにをは」などの助詞や助動詞・活用語尾など、むしろこちらがハッとするような鋭い質問も投げかけてくるんですよ。
日本語というものに真正面から向き合うことができたのは貴重な体験でした。日本にいたら疑問にすら思わなかったことまで、徹底的に調べたり、考えたりすることができました。ちょうど秋休みに入るタイミングだったので、その期間に僕なりの日本語考察をブログにまとめたところ、これが意外とアクセスが増え、こちらも貴重な収入源となりました。
そのなかでも一番の収穫は、台湾生まれでオーストラリアの大学で日本語を学ぶ綾瀬はるかさん似の教育実習生に関西弁を教えるという栄誉にあずかったことです(笑)。モチベーションを高く持ち続けることがいかに重要かを身をもって学びました。

11330851_659097390887000_565229815_o

Photo credit: ひらしんブログ「世界中の学校で先生になる旅

オーストラリアの学校で印象に残ったことは?

アートの時間です! オーストラリアは街全体がアートみたいで本当におしゃれで驚いたんですけど、高校でもそのレベルの高さには度肝を抜かれました。日本でも有名なアパレルブランドとのタイアップ授業が行われており、生徒たちは各自でフォトショップやイラストレーターを駆使して、本物顔負けのブランドパンフレットを製作するんです。デザイン専攻でもない普通科の生徒たちがですよ?
そしてパンフレット製作だけでなく、その過程での考察や、プロが作ったパンフレットを分析した30ページにも及ぶレポートも提出させます。日本の学校ならここで終わりでしょう。しかし、オーストラリアの高校は違いました。提出されたレポートを先生が授業中に生徒の目の前でチェックし始め、ある生徒に向かってこう言ったんです。
「やり直し。このレポートには意味がない」
そしてその生徒の意見も聞きながら「これはデザインではない」「広告に必要な要素が欠けている」と10分にわたり説明し、最後にこう告げました。
「来週までに再提出。それができなければ単位はなし」
日本の大学以上の厳しさを目の当たりにし、僕は言葉を失いました。そしてこれが当たり前のような雰囲気を漂わせる生徒たちの様子も信じられませんでした。そんな光景を見て呆然としている僕を尻目に、その先生は「クリエイティブであれ。あなたの価値を生め」と言い放ったのです。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。