ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米初遠征時のG.馬場「ババ・ザ・ジャイアント」と命名された

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストでの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、ジョン・F・ケネディが大統領に就任した昭和36年、馬場の1回目の長期アメリカ遠征の足跡を追う。

 * * *
“アメリカ武者修行の旅”というと、いわゆる前座のポジションから長く苦しい巡業生活を体験するといったイメージがあるが、馬場の場合は、あくまでも例外で、プレーイング・マネジャーの東郷は、日本人離れした体格の馬場を当初から“金のなる木”というふうにとらえていた。

 馬場は、渡米からわずか1か月半後の8月18日、カリフォルニア州サンディエゴで“銀髪鬼”フレッド・ブラッシーが保持していたWWA世界ヘビー級王座に初挑戦(馬場の反則勝ち。反則勝ちでは王座は移動せず、ブラッシーが王座防衛)。

 それから3週間後の9月6日には、西海岸エリアの檜舞台と謳(うた)われたロサンゼルスのオリンピック・オーデトリアムで、再びブラッシーの同世界王座に挑戦した(ブラッシーがフォール勝ちの王座防衛)。

 キャリア1年、23歳のルーキーだった馬場は、すでにこの時点でメインイベンターの格付けを受けていた。

 馬場がアメリカ入りした前日の6月30日、シカゴのコミスキーパークでは、バディ・ロジャースがパット・オコーナーを下し、NWA世界ヘビー級王座を獲得。1960年代前半のアメリカ・マットはシカゴ、ニューヨーク、そして、国境をまたぎカナダ東部までを結ぶ“三角地帯”が黄金マーケットだった。

 馬場の1回目のアメリカ武者修行の主な舞台は、ニューヨーク、ワシントンDC、ボルティモア、フィラデルフィアといった東部エリアで、同年9月第2週に馬場がニューヨーク入りした時点で――東郷の用意周到な根回しにより――現地の興行用パンフレットには“ババ・ザ・ジャイアント”という怪物のような新リングネームが印刷されていた。この遠征から帰国した後、“ジャイアント馬場”というリングネームを使うようになる。

 馬場は9月18日に、ニューヨークの格闘技の殿堂マディソン・スクウェア・ガーデン月例定期戦に初登場し、シングルマッチでビリー・ズビスコ(欠場したラロ・ロドリゲスの代打)にフォール勝ちした。

 馬場が長期ツアーを行なった時代のニューヨークには、現在世界最大のプロレス団体WWEはまだ存在せず、現オーナーであるビンス・マクマホンの父、ビンセント・ジェームス・マクマホンは当時、ワシントンDCのローカル・プロモーターだった。

 馬場は昭和36年9月から、昭和37年12月までの1年4か月間におよぶ東部エリアでの長期ツアー中、マディソン・スクウェア・ガーデン月例定期戦に、16大会連続で出場。その間、中西部の激戦区シカゴのインターナショナル・アンフィシアターの定期戦にもレギュラー出場。さらに2、3か月に一度のペースでカナダの人気マーケット、モントリオールにも足を伸ばした。

 ババ・ザ・ジャイアントの対戦相手は“帝王”アントニオ・ロッカ、若き日の“人間発電所”ブルーノ・サンマルチノ、“魔神”ボボ・ブラジル、“魔術師”エドワード・カーペンティア、“殺人鬼”キラー・コワルスキーと、いずれも超一流どころばかりだった。

■斎藤文彦(さいとう・ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ-とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
「G馬場は1960年代の米遠征1年間で1億稼いだ」との証言
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。