ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽曲を”バッジ”に置換え自由に販売、ミュージック・バッジマーケット「SKIYAKI」が提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

300を超える音楽アーティストのファンサイト・ファンクラブを運用・運営するSKIYAKIは、2015年6月17日にアーティストとファンの新しい体験の場であるミュージック・バッジマーケット「SKIYAKI(スキヤキ)」のサービス提供を開始した。

「SKIYAKI」は、アーティストが制作した楽曲を、”バッジ”(作品を購入した証であり、その作品を楽しむ権利を可視化したもの)に置き換えて販売できる全く新しいオンラインマーケット。

アーティストは、自らが登録する楽曲のバッジの価格を自由に設定でき、また数量を限定して販売することもできる。

マーケットでバッジが売買されるたび、その売上の一部がアーティストへ継続して還元されつづける仕組みとなっており、特に、アーティストが数量を限定して販売開始したバッジは、プレミアムがつくことで、通常のコンテンツ販売では得られない大きな収益につながる可能性もあるそうだ。

バッジの購入者(=ファン)は、楽曲をフルで楽しめることはもちろん、購入者限定のラウンジへ参加でき、アーティストからの楽曲に関する限定情報やメッセージを受けられたり、ファン同士でコミュニケーションを楽しむことができる。また、購入した楽曲のバッジは、購入者が価格を自由に設定して、バッジマーケットで再販売することができる。

現在はPCサイトでのみ会員登録および楽曲登録・バッジ販売開始を受け付けているが、今後はスマートフォンアプリ(Android/iOS)のリリースも予定している。

ミュージック・バッジマーケット「SKIYAKI」
https://skiyaki.tokyo

関連リンク

SKIYAKI

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP