ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昔のニュース番組で行なわれていた、今では考えられないこととは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


毎日いろいろな事件や事故を伝えるニュース番組だが、昔は今では考えられないことが行なわれていた。それは、ニュースが無かった時は、放送時間を短縮するということ。
 

「発見!意外に知らない昭和史」(東京書店)によると、「本日のニュースの提供がございませんので放送は取りやめます」と、放送時間を短縮することがあったとのこと。

1926年8月6日、日本放送協会(NHK)が発足した際、ニュース放送は、独自取材ではなく、新聞社から原稿が無償提供されていた。

しかしテレビ放送すると新聞自体の速報性が失われてしまうため、次第に新聞社側は提供を渋るようになり、NHKはニュースの時間枠を埋める事ができず、「本日のニュースの提供がございませんので放送は取りやめます」と放送時間を短縮することもしばしば。

なおNHKの自主取材でニュース放送がはじまるのは昭和5年から。

参考:「発見!意外に知らない昭和史」(東京書店)

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】テレビドラマの「このドラマはフィクションです」は、いつから?
テレビの深夜放送が自粛された、ある出来事とは?
テレビの吹き替え放送って、いつから?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP