ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「未確認フェスティバル2015」三次ライブ審査に挑む33組が決定、ライブゲストは、Brian the Sun、BLUE ENCOUNT、04 Limited Sazabys

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月に「未確認フェスティバル2015」にて東京・大阪・名古屋で開催される三次審査(ライブステージ)に出場する33組が決定し、さらに、ライブゲストとしてBrian the Sun、BLUE ENCOUNT、04 Limited Sazabysの出演が決定した。

「未確認フェスティバル2015」は「閃光ライオット」の意思を受け継ぐ、10代アーティスト限定音楽フェス。TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中の10代向け人気番組「SCHOOL OF LOCK!」では、2008年から2014年まで10代アーティスト限定の音楽の甲子園「閃光ライオット」を開催し、多くのメジャーアーティストを輩出してきた。そんな「閃光ライオット」がこの夏、装いも新たに「未確認フェスティバル」として生まれ変わり、8月30日に新木場STUDIO COASTにてファイナルステージを開催する。

2015年3月16日からスタートした一次審査(デモ審査)への応募総数は3,254組。この中から選ばれた108組が、二次審査に進出した。二次審査は5月20日よりスタートし、「未確認フェスティバル」(Eggs内)の特設サイトで、全108組の音源・映像を公開し、一般からの投票も受け付ている。その結果、三次審査(ライブステージ)に進出するのは33組に決定。三次審査は、オーディエンスを招いてのライブハウス審査で、ライブでのパフォーマンス力や、オーディエンスの盛り上がりも審査の対象になる。

「未確認フェスティバル」の特別審査員をつとめるのは、「閃光ライオット」でも長年、特別審査員をつとめ、10代のアツい想いを受け止め続けてくれた、いしわたり淳治、そして、元「BEAT CRUSADERS」、現在は「THE STARBEMS」のVocalであり、同時に様々なアーティストのプロデュース/楽曲提供を行い、さらにNOTTV1で放送中の「MUSICにゅっと。」で総合司会もつとめる日高央(とおる)が特別審査員として初参戦する。

東京・大阪・名古屋のライブハウスで開催し、各会場のライブゲストとしてBrian the Sun、BLUE ENCOUNT、04 Limited Sazabysが出演する。この三次審査は、入場無料で観覧が出来る。また、東京地区は、三次審査出場者数が多いため、7月25日に加えて、7月26日も追加開催致する。開催時間など詳しくは、「SCHOOL OF LOCK!」の放送およびウェブサイトで、随時アナウンスされる。

番組情報
TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」
放送日時:毎週月曜日~木曜日 22:00~23:55 /毎週金曜日22:00~22:55
放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット(※一部東京ローカル)
SCHOOL OF LOCK!「未確認フェスティバル2015」:http://www.tfm.co.jp/lock/mikakunin

ライブ情報
三次審査(ライブステージ)スケジュール
7月19日(日)大阪・JANUS 出場者8組/ゲスト:Brian the Sun
7月21日(火)名古屋・ボトムライン> 出場者8組/ゲスト:BLUE ENCOUNT
7月25日(土)東京・O-WEST 出場者8組/ゲスト:04 Limited Sazabys
7月26日(日)東京・O-WEST 追加開催   出場者9組

関連リンク

「SCHOOL OF LOCK!」http://www.tfm.co.jp/lock

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP