ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミューズ 米ビルボード・アルバム・チャート初の1位に、オブ・モンスターズ・アンド・メンは3位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブリティッシュ・ロックの核、ミューズの新作『ドローンズ』が、84,000枚を獲得して首位デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 【グラミー賞】受賞を受け、ワールドセールスが1500万枚を突破。UKのみならず、アメリカでも“オルタナティヴ・ロック・バンド”を挙げれば必ずヒットするほど、その地位を確立しているミューズ。本国UKでは、3rdアルバム『アブソルーション』(2003年)から本作まで、すべてNo.1デビューを果たしたことになるが、意外にも全米での首位獲得は、本作が初となる。

 本作は、前作『ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則』から約3年振りのスタジオ・アルバム。マルーン5やAC/DCなど幅広いアーティストを手掛けるジョン・“マット”・ラングとの共同プロデュースで制作され、これまでのサウンドから、ロック色を強めた内容に仕上がっている。

 今年の夏に開催される、【FUJI ROCK FESTIVAL‘15】では25日のヘッドライナーを務めるミューズ。今月19日のモスクワ公演、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、フランスと6~7月にかけてヨーロッパ方面を周り、9月には中国・上海やシンガポールなど、アジア方面でも公演が予定されている。

 いまだ高セールスをマークし続けているテイラー・スウィフトの『1989』を2位にはさみ、3位にデビューしたのは、アイスランド出身のロックバンド、オブ・モンスターズ・アンド・メンの『ビニース・ザ・スキン』。2011年のデビュー盤『マイ・ヘッド・イズ・アン・アニマル』に続く約4年ぶりとなる2ndアルバムで、前作で記録した最高位6位を上回る、初のTOP3入りを果たした。

 1stアルバムの印象とはまたちがった、彼ら独特の世界観が全面に出た作風に仕上がっていて、大衆的にウケの良いサウンドとはいえなくとも、音楽性の向上や繊細な音作りには絶賛の声があがっている。オブ・モンスターズ・アンド・メンも、ミューズと共に今年の【FUJI ROCK FESTIVAL‘15】の出演が決定し、26日のレッドマーキーに登場する。

 5位には、ローリング・ストーンズの未発表曲を含むリマスター再発盤『スティッキー・フィンガーズ』がリ・エントリーした。本作は1971年にリリースされた、ローリング・ストーンズ・レコードからリリースした初のアルバムで、発売当初は4週のNo.1をマークする大ヒットを記録した、彼らの代表作。デラックス盤には、エリック・クラプトンとコラボした「ブラウン・シュガー」のオルタネイト・ヴァージョンや、ザ・ラウンドハウスのライブ・テイクなどが収録されている。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

6月27日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
6月27日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
ミューズ通算7作目となる最新作『ドローンズ』が配信スタート&「マーシー」のビデオ・クリップ公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP