ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外留学後退職したら、留学費用は返還するの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 会社には海外留学規定があり、「留学終了後、2年以内に退社した場合には留学費用全額を返還しなければならない」とあります。留学先や履修科目を自由に選択できるということで比較文学を専攻して海外留学をしましたが、帰国して1年ほどで退社しました。

 この場合、海外留学費用は返還しなければならないのでしょうか?

(1)返還しなければならない
(2)返還しなくてよい

A.

正解(1)返還しなければならない

 労働基準法16条は、「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。」と規定しています。
 これは、労働者の退職の自由を確保し、不当な人身拘束を回避するため、違約金等の定めをする契約をしてはならないことを定めたものです。そこで、退社後の海外留学費用の返還を約束する海外留学規定が、実質的に労働基準法16条に反するかが問題となりますが、海外留学が業務性を有していれば16条に反し、そうでなければ反しないとされています。

 そして、業務性の有無の判断は、留学が派遣命令によるものか、専攻学科は会社業務に関連するものに限定されていたか、帰国後に従事した業務が留学での知識を生かしたものかどうかなどを総合的に検討してなされます。

 したがって、留学先や専攻科目を自由に選択できる海外留学制度の下で、しかも比較文学という会社業務とは無関係である学科を専攻した場合、業務性との関連性がなく、労働基準法16条に違反しないことから、海外留学規定は有効であって、留学費用を返還しなければなりません。

元記事

海外留学後退職したら、留学費用は返還するの?

関連情報

退職後、会社側から研修費の請求が!(なっとく法律相談)
不法行為が行われた場合、遅延損害金はいつから計算されるでしょうか?(なっとく法律相談)
突然退職した従業員に対する損害賠償請求は可能?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP