ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミズタマリ いずこねこ~プラニメと紆余曲折しながらもソロ活動スタート 7/22【ミズタマリ復活祭】開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プラニメ(現POP)の元メンバーであるミズタマリが、個人名であった“ミズタマリ”をプロジェクト名にして、ソロ活動をスタートさせる。

 このミズタマリには、「降りすぎても溢れてしまう、晴れすぎても乾いてしまう。絶妙に消えず絶えずキープする」「雨と晴れの間」という意味が込められている。プラニメ卒業後、今後の展開がはっきりとは語られず、動向が心配されてきたが、これからは音楽だけではなく、司会、イベンター、作品制作をセルフプロデュースで行い、さらに他バンドのボーカル参加や作品モデル、合同での作品制作などコラボレーションもしていく予定。 雨降りにも、晴天にも移り変わることができる曇空のように、様々な可能性を秘めながら活動していく。

 この名前には、「雨が降った後に晴れた跡」というメッセージがある。水たまり(ミズタマリ)は、雨が止んで晴れ間がのぞくころ、道ばたにできていることが分かるもの。これは、いずこねこ、プラニメとして紆余曲折しながらも、ここまでたどり着いた彼女自身を反映している。

 ミズタマリとして最初のステージは、7月22日に大阪のLoft PlusOne Westで開催されるイベント【ミズタマリ復活祭/MagazineRack Vol.1.5】。以降は8月16日に味園ビル2F紅鶴でトークイベント【ミズタマリ考え中】が決定している。なお、ミズタマリの公式ウェブサイトは、6月19日17時公開予定。

◎ミズタマリ コメント
私は歌う事ステージに立つ事が大好きなので、また戻ってきました!
美大に通いながらとても大変ですが、私生活や歌はもちろん、貪欲にやりたい事、やってみたい事、興味ある事、枠にとらわれず、全部どんどんチャレンジしていこうという気持ちでいます。
活動を通して沢山勉強してきたことを少しでも発揮出来たらいいなと思いますが、
まだまだ未熟ですので、これからももっと勉強して吸収していきたいし、
私の活動を通して少しでも応援してくれるみんなに勇気や元気を与えられることを出来るように頑張ります!

関連記事リンク(外部サイト)

プラニメ「方向性の違い」ミズタマリ脱退 新メンバー応募資格は17~28歳の男女
私立恵比寿中学ぁぃぁぃ『IDOL AND READ 003』表紙決定 でんぱ組えいたそ/バンもんみさこ/BILLIE IDLEウイカ/プラニメマリ等も
映画『世界の終わりのいずこねこ』サントラ発売決定 正真正銘の最後の新曲「i.s.f.b」も収録

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP