ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鬼才と鬼才の邂逅! 『ダーク・スター』×『ホドロフスキーのDUNE』スペシャルイベント開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6.23-イベント

6月3日より『リアリティのダンス』(アレハンドロ・ホドロフスキー監督)と『ホドロフスキーのDUNE』(フランク・パヴィッチ監督)がセットになったBlu-rayボックス『THIS IS ALEJANDRO JODOROWSKY』が発売中だ。
これを記念して、『ホドロフスキーのDUNE』で描かれる、ホドロフスキーとダン・オバノンという、その後のSF映画史を変えた鬼才二人の運命的出会いをたどる上映&トークイベントを2015年6月23日(火)に開催する。

『THIS-IS-ALEJANDRO-JODOROWSKY』Blu-rayボックス

『ダーク・スター』『ホドロフスキーのDUNE』2本立て&トーク
日時:2015年6月23日(火)18:00開場/18:30上映開始
場所:渋谷アップリンク・ファクトリー
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1-2F
TEL:03-6825-5503
料金:2000円
予約:http://www.uplink.co.jp/event/2015/38091
主催:アップリンク/TCエンタテインメント
協力:是空

1975年、フランク・ハーバート原作のSF映画『DUNE』の制作スタッフを探し求めていたアレハンドロ・ホドロフスキー(当時46歳)が、特殊効果担当として白羽の矢を立てたのが、『ダーク・スター』をジョン・カーペンターと作った、まだ無名のダン・オバノン(当時28歳)。

(以下、『ホドロフスキーのDUNE』より、ホドロフキーとオバノンが互いの出会いについて語るシーンより)

「ハリウッドの通りを歩いていると、小さな劇場でSF映画を上映していた。『ダーク・スター』だった。その映画を観て私は、“この男だ!”と思った。“オバノン、彼こそ求めていた才能だ。捜し出すぞ!”」──ホドロフスキー

「僕はすっかり身構えていた。『エル・トポ』でホドロフスキーは肩までの長髪とヒゲで、とんでもない変人を演じていたからだ。でも、僕を出迎えたのは、魅力的で洗練された紳士だった。ヒゲもないし髪型もキマっていた。君に特殊効果を頼みたい、と彼に聞かれ、僕は“もちろん、やりますとも”と答えたよ」──オバノン

結局、ホドロフスキー版『DUNE』は実現せずに頓挫したが、オバノンは5年後の1979年に公開されたSFホラーの傑作『エイリアン』(リドリー・スコット監督)で、『DUNE』のスタッフ仲間だったH.R.ギーガー、メビウス、クリス・フォスをデザイン担当に推薦し、自分は原案・脚本を務めた。

今回のイベントでは、ホドロフスキーとオバノンが出会うきっかけになった『ダーク・スター』と、“史上最も有名な幻のSF映画”ホドロフスキー版『DUNE』の顛末を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』を二本立て上映する。
アフタートークでは、日本でSF映画を語らせたらこの二人をおいて他にはいない、鷲巣義明と添野知生をゲストに迎え、2作にまつわるディープな話を展開予定。

来場者に抽選で当たる豪華プレゼント

さらに、来場者の中から2名に豪華プレゼント(非売品ホドロフスキーのサーモステンレスボトル2種各1名)が当たる抽選会も行う。

【トークゲスト プロフィール】
鷲巣義明(わしず・よしあき)
映画文筆家。中坊より本格的に映画に目覚め、映画の宣伝会社を経て執筆業に転身。SF&ホラー系の映画を中心に、雑誌、書籍、映画パンフレット、映画ソフト等に寄稿。主な著書は「ホラーの逆襲」(フィルムアート社刊)、「恐怖の映画術」(キネマ旬報社刊)など。マイ・フェイバリット作品は、『ゴジラ対ヘドラ』(71)、『恐怖の報酬』(77)、『ハロウィン』(78)、『ポゼッション』(81)、『遊星からの物体X』(82)、『猿の惑星:新世紀』(14)他。

添野知生(そえの・ちせ)
映画評論家。映画秘宝、キネマ旬報、SFマガジンで連載中。最近はニコニコ生放送の番組「WOWOWぷらすと」に随時出演。SF・ファンタジー映画、「映画と音楽」についての原稿が多いが、じつは何でも見る派。『ホドロフスキーのDUNE』監督へのインタビューは、キネマ旬報2014年6月上旬号に掲載。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。