ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「まぶしくて目を閉じたらフライが取れた!」 大リーグでラッキーすぎるスーパープレー!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月13日のセントルイス・カージナルス対カンザスシティ・ロイヤルズの一戦で、カージナルスのジェイソン・ヘイワード選手の「ひょうたんから駒」という表現に相応しいファインプレーが話題となっている。

この試合でヘイワードはフライ処理の際に光が目に入り、バランスを崩して芝生によろよろと倒れ込むというミスをしたものの、倒れ込んだポジションとボールの落下タイミングが完璧に合ってしまいまさかのキャッチ。映像で確認しても完全に守備位置を見失っており、本当にたまたまボールが取れたようだ。

相手のロイヤルズのヨースト監督も「彼はボールを見てなかったね」とコメント。このプレーをみたファンも「これは年間ラッキープレーに決定だな」など、やや冷やかしつつも、一方で「キャッチだけでも結構な技術を要すると思うよ」「彼の技術は凄いんだよ。2度のゴールドグラブ受賞者だぞ」と反論の声や「どっちにしても取れなかったら凡ミス、取れたらスキル」も。

相手のロイヤルズファンは試合が3-2の接戦だったこともあり、「このワンプレーで負けてしまったね」というぼやきに、カージナルスのファンは「(ロイヤルズは)得点圏で7打数0安打だ、このプレーのせいにしないでくれ」と最後までラッキーすぎるキャッチに反論していた。

■参照リンク
http://www.reddit.com/

関連記事リンク(外部サイト)

青木宣親もビックリ!?大リーグに導入された練習マシーンがスゴすぎる【動画】
アメリカの大学野球で生まれた「人間離れした」超絶ファインプレーがスゴすぎる【動画】
青木宣親、世界一へ カンザスシティ・ロイヤルズが強い理由5選
「少女への想いを胸に」日米球界で活躍した鉄腕クローザー、大塚晶文のラスト登板

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP