ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

弘前城天守が70m引越し 一生に一度見られるかどうかの珍事

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 桜の名所として知られる青森県の弘前城は、津軽藩祖・津軽為信が計画し、2代目藩主・信枚(のぶひら)が慶長16(1611)年に完成させた。3階3層の天守は全国に12しかない現存天守の一つで、国の重要文化財に指定されている。

 その天守が10年間かけて実施される石垣大修理のため、8月下旬から3か月かけて約70メートル離れた本丸中央に一時、引っ越しする。

 天守を解体せずにそのままの状態で移動させる「曳屋」(ひきや)という方法がとられる。弘前城天守の「曳屋」は実は2度目。明治~大正期の石垣修理の際に行なわれているが、全国の他の天守では例がなく、ファンにとっては一生に一度見られるかどうかの珍事なのだ。

 1か月前に閉館した天守は展示物も撤去されて片付けが完了。天守台の石垣には作業用の足場が組み立てられ、移動ルートを確保するための樹木の移植などが着々と進められている。

 100年前の「曳屋」は丸太を並べて人力で動かしたのではないかと推測されているが、今回は高さ14.4メートル、総重量約400トンに及ぶ天守を台車にのせ、背後から推進ジャッキで押してレール上を動かしていく。弘前市公園緑地課の神雅昭主幹が解説する。

「レールが設置された後、慎重を期して1日50センチ~1メートルずつ前進させます。序盤は高さ2~3メートルのレールの上を直進しますが、難しいのが途中の方向転換。1メートル下げたレールの上に天守をジャッキダウンした後、約30度回転させます。どんな光景が広がるのか私にも想像がつきません。移動中は展望デッキを特設しますので、ぜひ見学に来ていただきたい」

 天守台の石垣が修理された後、引っ越した天守は2021年に再び元の位置に戻される。

撮影■佐藤敏和

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国宝・松本城 外観上は5階建てだが実際には6階建ての構造
彦根城 天守の「隠し部屋」には屋外から見えない小窓が存在
犬山城城主の部屋の奥に隠し部屋 家臣が暗闇の中潜んでいた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。