体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

井上陽水、ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)に40年ぶりに復帰

井上陽水が1972年にデビューをしたポリドール(現ユニバーサルミュージック)に復帰することが発表された。

井上陽水 (okmusic UP's)

当時、『氷の世界』の大ヒットをはじめ、井上陽水は名実ともにポリドールの代表的なアーティストとなった。1975年6月に自身も設立メンバーとなり、立ち上げたフォーライフ・レコードへ移籍して以来、40年ぶりに古巣であるポリドール(現ユニバーサルミュージック)に復帰する。加えて、7月29日(水)にアルバム『UNITED COVER 2』をリリースすることも発表された。

この作品は、自身が2001年にリリースしたカヴァーアルバム『UNITED COVER』の第2弾。 『UNITED COVER』は出荷枚数80万枚の大ヒットとなり、昨今のカヴァーアルバムブームの先駆けとなった作品。

今作も時代を彩った名曲を井上陽水がカヴァーをする、注目の内容となっている。中でも注目は自身の代表曲「氷の世界」のセルフカヴァーや、井上陽水がデビュー当時から、人気を二分していた吉田拓郎の楽曲を初カヴァー(楽曲「リンゴ」)。両曲とも世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演により、原曲とはまた違った魅力を持った楽曲となっている。

その他、「シルエット・ロマンス」 (大橋純子 1981年)、「リフレインが叫んでる」 (松任谷由実 1988年)、「有楽町で逢いましょう」 (フランク永井 1957年)、「夜霧よ今夜も有難う」(石原裕次郎 1967年)など、時代を越えて愛される名曲ばかり。さらには、ボーナストラックにてオリジナル最新曲、NHK『ブラタモリ』テーマソング「女神」「瞬き」までも収録した、贅沢なポップ・カヴァー・アルバム。

井上陽水は、史上初のミリオンヒットであり、日本音楽史に残る名盤『氷の世界』のリリースの40周年をして開催された長期にわたる全国ツアーが今年3月に大盛況のうちに千秋楽を迎えた。上質な大人のカヴァーアルバムとともに、今秋に予定しているというツアーへの期待も高まる。

アルバム『UNITED COVER 2』
2015年7月29日発売
UPCH-2049/¥3,000+税
<収録曲>※( )内は 原曲歌唱者 原曲発売年
01. シルエット・ロマンス (大橋純子 1981年)
02. 黄昏のビギン (水原弘 1959年)
03. リフレインが叫んでる (松任谷由実 1988年)
04. リンゴ (吉田拓郎 1972年)
05. 有楽町で逢いましょう (フランク永井 1957年)
06. 夜霧よ今夜も有難う (石原裕次郎 1967年)
07. 女神 / bonus track  (オリジナル楽曲 新曲)
08v瞬き / bonus track  (オリジナル楽曲 新曲)
09. あの素晴しい愛をもう一度 (加藤和彦と北山修 1971年)
10. I WILL (The Beatles 1968年)
11. 夢で逢いましょう  (坂本スミ子 1961年)
12. SAKURAドロップス (宇多田ヒカル 2002年)
13. 氷の世界 (井上陽水※セルフ・カバー 1973年)
※オルケスタ・デ・ラ・ルス参加楽曲
・リンゴ ・女神 ・瞬き ・I WILL ・SAKURAドロップス ・氷の世界

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
井上陽水 オフィシャルHP
目覚ましが鳴る前に目が覚めて、朝陽を浴びながら愛しい人の寝顔を見つめ聴きたい曲

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy