ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SIMフリースマホだけじゃない!ファーウェイの新製品発表会

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファーウェイ・ジャパンは6月17日、スマホやタブレットなどの新製品発表会を行いました。新ラインアップとして、SIMロックフリースマホ「HUAWEI P8max」「HUAWEI P8lite」、SIMロックフリータブレット「MediaPad M2 8.0」、スマートバンド「TalkBand B2」の4機種を発表しました。
登壇したファーウェイ・ジャパン デバイス・プレジデント 呉波(ゴ・ハ)氏によると、ファーウェイは2013年度と14年度に、スマホの世界市場で3位を占めたとのこと。14年度の端末(スマホ、タブレット含)総出荷数は1.6億台で、15年にはスマホ出荷数1億台を目指すそうです。

 

 

スマホ2機種は、カメラの「パーフェクト セルフィー」機能が特徴。自分の顔を登録しておくと撮った写真に自動で補正をかけ、最も美しく写るようにしてくれる機能です。目の明るさや大きさ、フェイスラインなどの5項目で補正が可能。10段階で補正度をカスタマイズできます。

 

高性能CPU搭載のエントリーモデル「HUAWEI P8 lite」
 

P8 liteは、エントリーモデルでありながらパワフルな1.2GHzのオクタコアCPU「Hisilicon Kirin 620」を搭載。Android OS5.0に対応で、画面は5.0インチ(720×1280ドット)でメモリーは2GB、バッテリー容量は2,200mAhです。

 

メインカメラは1300万画素(開口部 F2.0)。マルチフレームを利用し、暗い場所でもノイズを抑えた適正露出で撮影できます。フロントカメラは500万画素(開口部 F2.4)で、パーフェクトセルフィー機能がより美しい自撮り写真へと自動で補正。また音量減ボタンをダブルプッシュするとすぐにカメラが起動するウルトラスナップショットは、即時撮影が可能です。ほかにも音声でのシャッターや写真のウォーターマーク加工など、撮影モードは充実しています。

 

本体のカラーはホワイト・ブラック・ゴールドの3色。価格は各30,888円で、ホワイトとブラックが6月19日から発売、ゴールドは7月中旬以降の発売予定です。

 

6.8インチのプレミアムモデル「HUAWEI P8max」
 

 

 P8シリーズのフラグシップモデルとなるP8maxは、その名の通りMAX=究極のファブレットとして発表。2.2GHzのオクタコアCPU「Hisilicon Kirin 935」を搭載しAndroid OS5.1に対応。メモリーは3GB、バッテリー容量は4,360mAhです。

 

 日本企業であるJDI製の6.8インチ・フルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載し、色表現力の高さをアピール。さらに、大画面を活かしてランドスケープやパネルビュー表示が可能なほか、ウインドウ分割表示で2つのアプリを同時に画面に出すことができます

メインカメラは1300万画素(開口部 F2.0)で、光の3原色にホワイトを加えたRGBWの4色イメージセンサーを内蔵。従来よりもハイコントラスト時には明るく、低光量時にはカラーノイズの少ない撮影が可能です。光学手ぶれ補正機能を搭載し、手ぶれ補正角度1.2度を実現。特に動画で、ブレの少ない鮮明な撮影をすることができます。

 

 パーフェクトセルフィー以外もカメラ機能が充実しており、ライトペインティング機能を使えばカーライトの軌跡「テールライトトレイル」や星の軌跡「スタートラック」などの芸術的な写真が撮影可能。手軽にプロのカメラマンのテクニックを再現してくれます。

本体のカラーはシャンパンゴールドの1色のみ。価格は64,778円で、8月下旬以降の発売を予定しています。

 

ヘッドセットにもなる新スポーツバンド「TalkBand B2」
 

 

TalkBand B2は、P8シリーズなどと連動して使えるスマートバンド。ヘッドセットにもなる時計内蔵の活動計「TalkBandB1」の後継機です。

  

 

加速度センサーと6軸ジャイロセンサーを搭載し、「歩く」「走る」「階段の昇り降り」などの動きを計測。さらに睡眠の深浅を自動判別するほか、睡眠時間や消費カロリーや歩数を計測します。これにより日ごろの活動量を把握でき、ユーザの健康管理に一役かってくれます。Apple Watchと同じようなものと言えば理解も早いのではないでしょうか。 

TalkBand B2専用アプリ「Huawei Wear」でライフログが取れるほか、Jawbone用アプリ「UP」とも連動して計測ができます。Android端末だけではなくiOSとも連動しており、iPhoneのヘッドセットとして使うことも可能とのこと。

本体のカラーはホワイト・ブラック・ゴールド(レザー仕様)の3色展開。価格はホワイトとブラックが各17,258円、ゴールドは21,578円。すべて6月19日から発売開始です。

  

デュアルスピーカー内蔵タブレット「MediaPad M2 8.0」
 

タブレット「M」シリーズの最新モデル。8インチのフルHD(1200×1920ドット)液晶で、厚みのある重低音を紡ぎ出すファーウェイ独自のSmartPAシステムに、高性能デュアルスピーカーを内蔵しています。

世界的なオーディオブランドの米国ハーマン社ハーマンカードンがサウンドのチューニングを担当しており、映画などの動画の臨場感は、まるで劇場にいるかのような迫力。その秘密はスーパーワイドサウンド(SWS 2.0)機能によるもの。本体の横置時には、まるで180度に広がるステージで奏でられているかのようなダイナミックなサラウンドが広がります。

本体のスペックは、2.0GHzのオクタコアCPU「Hisilicon Kirin 930」を搭載し、Android OS5.1に対応。2GBのメモリーで、バッテリー容量は4,800mAhとなっています。 

 

P8maxのようにウインドウ分割表示が可能で、動画を見ながらほかのアプリを使うこともできます。

本体のカラーはシルバーの1色のみ。価格は42,984円で8月上旬以降の発売予定です。

 

カメラに画期的な機能を盛り込んできたスマホがどれだけ日本で受けるか、また音にこだわっているタブレットもどこまで伸びるか。どれも魅力的な端末だけに、とても興味深いラインアップです。またTalkBand B2は「Jawbone UP」の代わりとして使えそうで、iPhoneユーザーにも広がりを見せそうです。

 ※価格はすべて税込み

 

(文:川村和弘)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP