体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【対談】『マッドマックス』ミラー監督×『極道大戦争』三池監督 「(ヤヤン・ルヒアンは)彼かい?」「それは日本の俳優で、市原隼人といいます(笑)」

三池監督+ジョージ・ミラー

オーストラリアからハリウッド映画の頂点まで昇りつめたジョージ・ミラー監督と、日本から世界に挑み続ける三池崇史監督。エンターテイメント性と作家性を併せ持ち、独自の世界観にこだわり続ける両者の“初対談”が実現しました!

ミラー監督が手掛ける伝説のバイオレンス・アクションシリーズが30年ぶりに復活した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、全編にわたって文字通りノンストップのアクションを展開。一方、ヤクザ・ヴァンパイアの壮絶な戦いが繰り広げられる三池監督の『極道大戦争』は、原点である“Vシネマ・スピリッツ”へと回帰したアクション大作です。

奇しくも6月20日(土)に同日公開となる両作品。対談はジョージ・ミラー監督のお茶目な姿と、憧れの人に対面した三池監督の興奮気味な様子が伝わる内容となっています。

三池ワールドに興味津々のジョージ・ミラー

ジョージ・ミラー監督(以下、ミラー):(マッドマックス仕様のKAERUくんを見て)コイツはなんていう名前だい?

三池崇史監督(以下、三池):“KAERUくん”です。

ミラー:ミスター・フロッグ!? ファンタスティック! このキャラクターのアイデアはどこから生まれたんだ?

IMG_0148

三池:日本には“ゆるキャラ”というのがありまして(笑)。『極道大戦争』は偉そうなことを言う映画じゃないので、ゆるキャラを主役にしたんです。『ザ・レイド』というアクション映画に出演していたヤヤン・ルヒアンも、この映画に出てくれました。

市原×ヤヤン

ミラー:(『極道大戦争』の資料を見ながら指さして)彼かい?

三池:いえ、それは日本の俳優で市原隼人といいます(笑)。

――実は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と『極道大戦争』は同じ6月20日に公開されるんです。

ミラー:なに、本当か?

三池:はい、『マッドマックス』の影に隠れて公開されます(笑)。

――『極道大戦争』は三池監督が久々に原点回帰したアクション映画です。

ミラー:私と一緒だな!

三池:本当はトム・ハーディと一緒に仕事をする予定だったのですが、クランクイン直前に彼の都合でできなくなって、自分のスケジュールが空いたんです。それで、何かやろうと思って作ったのが『極道大戦争』です。

ミラー:どうりでミスター・フロッグがトム・ハーディに似ていると思ったよ(笑)。

三池:今年のカンヌ映画祭で『マッドマックス』がワールドプレミアで上映されましたよね? 『極道大戦争』もカンヌの監督週間で上映されたんです。やっぱり常に僕の映画は『マッドマックス』の影にいるなと思って(笑)。

ミラー:カンヌは楽しかったかい?

三池:今回は新作を撮っていたので行けなかったんです。それで、せっかく来ていただいたお客さんへのお詫びに、僕が着物を着て女装したカードを配ったんです。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy