ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軍艦島 見学ルートから逸れた「非公開エリア」を写真で紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「明治日本の産業革命遺産」のひとつとして、6月28日から開かれる世界遺産委員会で遺産に登録される可能性が高い長崎の「軍艦島」。1870年に石炭採掘が始まり、面積6.5ヘクタールの小さな島に最盛期には5000人以上が住んだ。閉鎖から41年、人々が生きた証がこの島にはいまなお残されている。これまで20回以上軍艦島を訪れた写真家の酒井透氏が、島の内部の「非公開エリア」をリポートする。

 * * *
 長崎港を出た船が、湾の出口にかかる女神大橋をくぐって東シナ海に出ると、荒波が船体を大きく揺さぶる。正面右に見える中ノ島の向こうから、徐々に姿を現わすのが端島(はしま)、通称・軍艦島だ。

 およそ40分の航路。梅雨時の今は特に波が荒く、船酔いする観光客も多い。しかし、これまで20回以上、軍艦島に渡った経験からいえば、梅雨のどんより曇った空を背景にまとう雨に濡れた軍艦島は、廃墟としての雰囲気が際立ち、他の季節よりも存在感を増す。

 桟橋から上陸し見学ルートに沿って進むと、丘の頂上に建つ幹部職員用の住宅や端島小中学校などを見ることができる。

 さらに歩を進めていき、見学ルートの半ばにさしかかると現われるのが、レンガ造りの第三竪坑捲座など、日本の「産業革命」を支えた鉱業所だ。

 鍛冶工場や日本初のコンクリート建築による高層住宅などが並ぶ南西側で見学ルートは終わるが、非公開となっている島の内部に足を踏み入れると、軍艦島はまた別の顔を見せる。

 何度島を訪れても圧倒されるのが、島の北に位置する65号棟だ。コの字型の10階建て集合住宅は、島内最大の建築物である。最盛期には300世帯以上が生活していたが、その中に入ると、階が上がるごとに室内の荒れようはひどくなり、絶海の孤島を襲う風雨の強さを物語る。

 島の西側にある16~20号棟は櫛型の高層住宅で、海岸線に近い櫛の柄の部分が廊下で、歯の部分が住宅棟になっている。このような設計にしたのは、廊下部を防潮壁として利用するため。大型台風がやってくると波しぶきは9階にまで達したという。確かに、雨の日にこの建物の屋上に立つと、横殴りに雨が打ちつけ目を開けていられなかった。

 この16~20号棟の東側、1号棟の屋上には端島神社がある。ここからの眺めは絶景で、朽ちて残された鳥居の向こうには、軍艦島同様に炭坑として栄えた高島を遠く望むことができる。

 かつて軍艦島は24時間操業で石炭を採掘し、昭和の高度成長を支える礎となった。東京以上の人口密度を誇った島は74年に閉鎖。世界遺産への登録を機に軍艦島が単なる廃墟ではなく、その歴史について多くの人が知るきっかけになればと思う。

文・撮影◆酒井透(さかい・とおる):1960年、東京都生まれ。写真家、秘境探検家。大学卒業後、フリーカメラマンとして国内外を取材。著書に『未来世紀 軍艦島』(ミリオン出版刊)、『軍艦島に行く』(笠倉出版社刊)

(見学ルート以外への立ち入りには長崎市の許可が必要)

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
通称軍艦島で育って働いた男性が島を撮った写真をまとめた本
大沢在昌の最新作は長崎・軍艦島がモチーフのサスペンス長編
産業遺産「軍艦島」 最盛期は日本一の人口密度を誇っていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP