ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

薄毛に敏感男 頭皮に日焼け止めすり込み野球帽で紫外線対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 薄毛に悩む男性は多いが、その繊細な気持ちが理解できないという女性も少なくない。東京都に住む女性Aさん(35才)は、不動産会社勤務の夫(44才)と2人の子供と4人暮らし。その夫は薄毛に悩んでいるのだが…。Aさんが告白する。

 * * *
 昨年の秋、ゴッソリと抜けてから、夫の最大の関心事は“毛”。鏡をのぞいては、「真夏に庭の草取りなんかやらされたからだよ。直射日光で毛根が弱るって知っていたら、誰が草取りなんか」って、恨みがましいことを毎日、グダグダ。

 私がいくら「抜け毛の原因は老化と遺伝」と言っても、夫は“敵は紫外線”と決めつけてテコでも動かないの。

 家から一歩、外に出るときは、頭のてっぺんから日焼け止めクリームをタラ~と流し込んで頭皮にすり込み、その上にお気に入りの野球帽をかぶる。普段着ならまだいいわよ。でもスーツ着て目深に野球帽をかぶった夫は“不審者”そのもの。夫とすれ違った近所の奥さんなんか、目を伏せていたもの。

 で、つい「そこまでして髪を守りたい? どうせなら短髪にすれば?」と言うと、「お、お前なんかにオレの気持ちがわかるか」って、目に涙をにじませて、逆ギレしたんだから。

 夫の場合、抜け毛がいちばん激しいのは頭頂部で、言ったらナンだけど、すごく下品な“まだらハゲ”なのね。それもキツいけど、野球帽で蒸れて、ペッタリと寝た毛はもっと見苦しい。その上、“ハゲ”はもちろん、“薄”とか“抜け毛”という言葉に、いちいち反応するこの男を、もうどう扱ったらいい?

※女性セブン2015年7月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夫婦の小遣い 夫3万~5万円未満29.2%、妻5万円以上5.6%
郷土愛溢れる日本独特の野球文化を全都道府県別に分析した本
お年玉貰うべく子に「バアちゃんのメシホメろ」と38才父指導

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP