ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK『花燃ゆ』 安倍首相の支援者の息子を「熊七」役で抜擢

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台となっている山口県では、キャスティングを巡って安倍晋三首相とNHKの関係が話題にのぼっている。

「安倍首相の支援者の息子が、『花燃ゆ』に抜擢された」(下関市議会関係者)というのである。

 外国船砲撃の報復として、長州藩は米仏英蘭4か国艦隊に砲撃を受け、それをきっかけに高杉晋作が奇兵隊を結成。その奇兵隊隊士「熊七」を演じる前田倫良が「支援者の息子」だという。

 熊七は農家の生まれだが、奇兵隊に入隊後、幕長戦争や鳥羽・伏見の戦いで活躍する人物で、「ちょい役」ではない。

 前田は『大河ドラマ・ストーリー 花燃ゆ 後編』(NHK出版刊)にも顔写真入りで紹介され、プロフィールには「主な出演作」として映画『長州ファイブ』『獄に咲く花』などが挙げられているが、全国的な知名度があるとはいえない。地元財界人が語る。

「『長州ファイブ』『獄に咲く花』は下関で制作された映画です。両作は前田の父である前田登氏が制作委員長を務めました。

 登氏は下関にある明太子製造の老舗・前田海産の会長で、倫良はその次男。登氏は“地方から良質な映画を発信する”といって、地元財界人の仲間と下関に映画制作会社を設立した。『長州ファイブ』は制作費5億円で、登氏が地元企業150社から資金を集めました」

 ちなみに『長州ファイブ』は幕末に長州藩からヨーロッパに極秘に派遣された井上聞多(馨)、伊藤俊輔(博文)ら「長州五傑」と呼ばれる5人の藩士が主人公で、前田倫良はそのひとり、遠藤謹助を演じている。

 第一次安倍政権下の2007年2月に全国公開され、公開初日の舞台挨拶の時には昭恵夫人が「この作品が“美しい国・日本”の創造に連動することを期待します」との祝電を送った。

 前田海産は安倍氏が支部長を務める自民党山口県第4選挙区支部に毎年12万円を献金しているだけに、「安倍支援者の息子だから抜擢されたのでは」と疑念を抱かれているわけだ。

 下関で父・登氏を直撃した。

──安倍首相の支援者と聞いているが。

「安倍総理とは同じ町内会ですから、もちろん後援会にはうちの父の代から入っています。(総理の父)晋太郎さん(元外相)の時代からやっていますよ。ただ、林さん(芳正・農水相)とも親しいですよ。林さんも町内だから」

──次男の大河ドラマへの抜擢は、NHKが安倍首相に気を遣ってのことだといわれている。

「それはないと思いますね。安倍さんはそういうことはしませんよ。癒着だったら、もっといい役に抜されてるんじゃないですか」

 なお、NHKは「前田倫良さんは自然な地元の言葉を話せるので出演依頼した」と答えた(ただし、6月7日放送の第23話まで、前田の登場シーンにセリフはなかった)。

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
森本レオ ジャンボ鶴田と前田日明のどちらが強いかを分析
安倍首相4度目の里帰り NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の番宣か
福島在住70代男性 会津藩に肩入りできるなら『花燃ゆ』観る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP