ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火野正平 セリフなく喋らず寝る芝居で伝えられたら理想だよ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 役者歴が50年を超えた火野正平にとって、芝居や、かっこよさへの意識が移り変わってきた。俳優を続けること、芝居を続けるための心がけについて火野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 火野正平は1990年のテレビドラマシリーズ『神谷玄次郎捕物控』でレギュラーながらもほとんどセリフのない役で出演、近年も映画『終戦のエンペラー』の東條英機役はセリフなしだった。火野はそうしたセリフのないような役でも、画面に映るだけで確かな存在感を放っている。

「そういう役をしてみたいと思ったのと、そろそろセリフを覚えるのが面倒になってきたんだよ。ただのズボラだよね。

 俺の一番やりたいのは『ジョニーは戦場へ行った』っていう映画のジョーの役だから。戦場で五感も両手足も失っているから、喋らなくていいし、寝ているだけだから、あんな楽な仕事はないよな……というのは冗談だけど。それで伝えることができたら、まあ理想だよな。

 今やりたい役は『無口なガンジー』。東條英機もやったし、あとこの頭でやれる役といったらガンジーやろ。顔も似てるよな。何も喋らずに無抵抗の抵抗をする。そういう役が来ないかなと思っているんだよ。

 自分の意識も若い頃から変わった。ずっとジェームズ・ディーンをやろうとしていたんだ。背中で淋しさを出そう、とかね。

 でも、ある時にジェーン・バーキンが来日した時の映像を見て驚いたんだ。バーキンが颯爽と歩いているのに後から小汚いオッサンが来た。腹がポテッと出ていてね。それが旦那のセルジュ・ゲンズブールだった。

 このイイ女がコイツに惚れているわけでしょう。バーキンにとっては世界一イイ男。

 その時、男って、こんな生き方もあるのかって思ったんだ。その辺から芝居が変わったんだ。柔らかくなったというか。ワンショットを見て『かっこええ』と思ってもらえるというのも男の姿やないのかな、と」

 火野の柔らかい芝居を見ていると、いつも現場での感覚で演じているように思えてくる。

「最初にプロデューサーがいろいろ言うけど、『分かったから、とにかく台本を持ってこいや』と言ってるんだ。台本をどう崩し、どう面白くするかが俺たちの仕事だから。この人物はこう、と決めてかかっても、現場に入ったらもろくも崩れるんだよ。

 それから、11本のシリーズだったら1本目と6本目では演じ方は違うんだ。1話目は顔見世だから、お客さんの興味を引くためにはあまり出しゃばっちゃいけない。でも6話目になると『お客さんも飽きてきているだろうから、じゃあ、こうしよう』とか。トータルで考えて一つの作品だと思っているから。

 お客さんに飽きないで見てもらうためには、俺が飽きないことだと思う。画に出るのさ、そういうのは絶対にね。自転車の番組もそう。飽きてないんだ。

 自分は先天的に引き出しが山盛りある人だよな。そう思わなきゃしょうがないじゃないの。今はここを歩ける。それでも、まだこっちの道もある。そういう風に自分自身で思っていかなきゃ、俳優なんてできないよ。これが最後の引き出しとか一度でも思ったら、もうやれない。思い込むしかないんだ。まだまだ引き出しはある。あるように見せていくんだよね」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館刊)が発売中。

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
火野正平に憧れおじさん スキンヘッドでママチャリ乗り回す
火野正平 いい演技も見た目も人は飽きる、役者は商品なんだ
火野正平 台本を貰ったら、どうやれば面白くなるかを考える

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP