ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花岡なつみ 鬼束ちひろ作詞作曲による武井咲主演ドラマ主題歌でメジャーデビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年8月のオスカープロモーション主催【第14回全日本国民的美少女コンテスト】音楽部門賞を受賞した花岡なつみ。7月9日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ『エイジハラスメント』(原作/脚本:内館牧子、主演:武井咲)主題歌でメジャーデビューすることがわかった。

 広島県出身の花岡なつみは、今年3月に高校を卒業して上京した18歳。地元名門スクールでシンガーを目指し、14歳からボーカルレッスンを積んできた実力派だ。フレッシュなルックスと確かな歌唱力、低音のふくよかで大人っぽい声が魅力。【第14回全日本国民的美少女コンテスト】では、なんと8万1031人がエントリーする中から音楽部門賞を受賞した。なお、ドラマ主演を演じる武井咲(第11回モデル部門賞およびマルチメディア賞を受賞)も同コンテストの出身である。

 8月12日にビクターエンタテインメントよりリリースされるデビューシングル『夏の罪』は、テレビ朝日系木曜ドラマ『エイジハラスメント』主題歌の為に書き下ろされた鬼束ちひろ作詞作曲の新曲。鬼束ちひろ初の提供楽曲として早くも注目が集まりそうだ。なお、花岡なつみが歌うことになったのは、以前より自分の好きな曲として鬼束ちひろの「月光」を挙げており、【第14回全日本国民的美少女コンテスト』で歌唱したことが関係者の目に留まり、今回の鬼束ちひろ初の提供楽曲を歌うことに繋がったそう。

 今回のデビューシングル『夏の罪』には、デビュー記念「な・つ・み」限定価格723円(税別)のピクチャーディスク盤、そしてシングル曲「夏の罪」にちなんだ7(な)2(つ)2(つ)3(み)枚数限定盤も販売されることが決定している。

◎鬼束ちひろ(「夏の罪」作詞・作曲)コメント
なっちゃんの5曲入りのデモを聴いたとき、『月光』も歌ってくれてたけど、松任谷由実さんの”卒業写真”が私の胸にグサッとなり、ここまでの経緯に至りますね(笑)。平成にはなかなか、というか多分こういう歌える子は出てこないと思うゆめいよ。
※注)コメント語尾の「~ゆめいよ」は本人が敬愛する秋山竜次(ロバート)のネタに登場する秋山森乃進へのオマージュです。

◎武井咲(『エイジハラスメント』主演)コメント
初めて聴いた時、花岡なつみさんの綺麗のなかに独特な力強さを感じられる歌声、耳に残るメロディで、とてもインパクトのある曲でした。今の時代に鋭く突き刺していくこのドラマに追い風を吹かせてくれる気がしています。気持ちいい一曲です!!

◎内山聖子(『エイジハラスメント』ゼネラルプロデューサー)コメント
鬼束ちひろさんの「月光」を聞いたとき、少女の孤高なリアルを感じました。社会の理不尽に力強く向かっていく歌声にドラマが彩られること楽しみです。

◎花岡なつみコメント
--デビューする感想
デビューするって聞いたときは素直に凄く嬉しくて、どんな歌を歌うんだろうと楽しみでした。それと同時に今のアーティストさん達と同じくらいの歌唱力があるわけではないので、これからもっともっとスキルをあげていかなきゃなと思いました。
--デビューへの意気込み
私の歌で聴いてくださった方々が何か感じて頂けたら嬉しいなって思います。たくさんの人に花岡なつみを知っていただきたいです。私らしく精一杯頑張っていきたいと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

武井咲「汗を流すと楽しいんだと実感」「アクション練習時はロッキーの音楽をイメージ」
鬼束ちひろ 新曲はオフィシャルファンクラブ会員にのみ発売&SPOT公開
鬼束ちひろ 歌入れ一発録りビデオ第2弾公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP