ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最初に野菜!ベジタブル・ファーストの効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

血糖値の急上昇を抑え、脂肪の吸収を回避する食事方法

ごはんやパン・パスタに多く含まれる炭水化物は、血糖値を上げる効果があります。急激な血糖値の上昇は、インスリンというホルモンの分泌量を増加させ、糖尿病や肥満の原因にもなります。もちろん、インスリンも大切なホルモンのため無くなっては困りますが、急激な分泌を抑えることが重要です。そこで注目されているのが、「ベジタブル・ファースト」と呼ばれる食事方法です。

同じ物を同じだけ食べる場合でも、その順番によって血糖値の動きは大きく変わります。食事の最初に野菜をたくさん食べることで、緩やかに血糖値が上がり、急激なインスリンの分泌を抑えてくれます。また、野菜に含まれる「酵素」は食べ物の消化を助けると共に満腹感を与え、その後の食事量を抑えてくれる働きもあります。「1.野菜 2.おかず(お魚・お肉) 3.ご飯」の順番で食べるだけで、肥満の予防になります。さらに、野菜を食べる事で繊維質が脂肪を包んで腸内まで運び、急激な脂肪の吸収も回避してくれます。

私の知人で長く糖尿病を患っていた人が、「ベジタブル・ファースト」を取り入れて3年。毎食、一人用のサラダボールで野菜を食べるようにしたところ、以前と変わらない酒量でも、糖尿病の薬を飲む必要がなくなったそうです。

夏野菜にピッタリなドレッシングレシピ

旬の野菜を美味しく食べられるよう、この夏の時期のピッタリのドレッシングを紹介します。市販のドレッシングには、たくさんの油が使われているものがほとんど。折角の「ベジタブル・ファースト」も、油の多いドレッシングを使ってしまっては台無しです。

◆「夏を元気に楽しむ爽やかドレッシング」レシピ
プレーンヨーグルト130g
酢30~40g(お好みで)
砂糖10g
みりん25g
塩3g
こしょう(ブラックペッパー)少々

これをボールに入れ、泡だて器でかき混ぜます。味を確認し、塩・胡椒を入れてください。このドレッシングを夏が旬のレタス・トマト・パプリカ・きゅうりなどのサラダにかければ、さっぱりして、食がすすみますよ。

(宮脇 多太恵/薬膳料理教室、料理研究家)

関連記事リンク(外部サイト)

「体に効く」食品表示OKに 消費者の注意点
W杯観戦のおともに 簡単ブラジル料理
植物のパワー「フィトケミカル」を効率良く摂取するには

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP