ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

丸本莉子、5,000人の観客のココロを揺らせたライブ映像の「ココロ予報」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

丸本莉子、5,000人の観客のココロを揺らせたライブ映像の「ココロ予報」MV公開

丸本莉子のデビュー曲「ココロ予報」のミュージックビデオが完成、その一部が公開された。ミュージックビデオには、デビュー直前に行ったライブ映像が使用されている。

丸本莉子は、2015年6月10日、史上初のハイレゾ先行配信シングル「ココロ予報」でデビュー。ハイレゾ配信の主要販売サイトである「VICTOR STUDIO HD-Music.」「mora」「e-onkyo music」すべて、初日のデイリーチャート1位という、新人としては異例の3冠を達成したことで話題を集めている。

デビュー直前に行ったライブのステージで、「ずっと夢だったメジャーデビューが決定しました。今まで大切に歌ってきた『ココロ予報』をリアレンジしてレコーディングし、しかも史上初となるハイレゾ配信でデビューします!」と発表すると、全国から集まった5,000人を超えるファンから、どよめきと共に大歓声が上がり、会場は大きく盛り上がった。

その歓声が静まり返ったと同時にデビュー曲「ココロ予報」のピアノのイントロが流れ、彼女の歌声が会場に静かに響き始めた。“大丈夫 大丈夫 大丈夫”と歌われる曲のサビでは、5,000人を超える観客の手が徐々に上がり始め、終盤では観客全員が手を左右に揺らしながらの大合唱となった。TBS系全国ネット「NEWS 23」の特集で、この時のライブ映像がたまたま取り上げられるや否や、“新人とは思えない!?”“ハイレゾ配信でデビューしたばかりで、この存在感スゴイッ!!”など、すぐさまネットで話題になった。

この曲について彼女は、「4年前に広島から上京して初めて作った曲です。憧れていた東京に『歌手になるぞ』って夢を持って来たのですが、そこには何もなくて、色々うまくいかないし、独りぼっちで寂しいし…『もう広島に帰りたい …』と思っていたときに『でも今までいろんなことを乗り越えてきたし、私には夢があるから “大丈夫”』と言い聞かせて出来た曲です。今日まで何度も負けそうになりましたが、私自身この曲に支えられ、大切に歌ってきました。『ココロ予報』が沢山の人に届き、ココロが晴れ渡るように、想いを込めて歌っていきます。」と語っている。

そんな彼女の思い込められたデビュー曲「ココロ予報」のミュージックビデオには、まさに沢山の人に届く瞬間の映像が使用されている。実はこのライブで「ココロ予報」を歌う直前に、バンドメンバーの楽器にアクシデントがあり、調整のため約10分間ライブが中断してしまった。しかし、彼女はその時間を利用して、集まったファンに話しかけ、会場を盛り上げるアドリブにでた。新人とは思えない堂々としたパフォーマンスを行ったという。

丸本莉子の独特な歌声に合わせ、彼女が伝えようとしている言葉を受け止めながら楽しめるように、このミュージックビデオには、歌詞が映し出される。

「ココロ予報」ミュージックビデオ

リリース情報

配信シングル「ココロ予報」
2015年7月8日(水)通常配信
販売価格:250円

関連リンク

丸本莉子 ビクターページhttp://jvcmusic.co.jp/riko-marumoto/
丸本莉子 オフィシャルサイトhttp://tan-su.com/riko-marumoto/
丸本莉子 Facebookページhttps://www.facebook.com/marumotoriko?fref=ts
丸本莉子 Twitterhttps://twitter.com/riko90516
丸本莉子 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/marumoto-riko/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。