体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妻夫木・深津など豪華俳優陣が出席する日本アカデミー賞授賞式に行ってみた

日本アカデミー賞

日本の映画賞の中でも有名どころといえば、日本アカデミー賞。受賞式の模様はテレビ放映もされてるので、知っている人も多いだろう。その現場はどうなっているのか。実際に行って確かめてみた。

まずは素朴な疑問に答えるぞ。

Q1:どんな場所で行われているの?
A1:会場はグランドプリンスホテル新高輪・国際館パミール。1Fロビーはこのような感じ

日本アカデミー賞授賞式

会場となるフロアには受賞作品のポスターが。

日本アカデミー賞授賞式

Q2:受賞式は関係者しか入れないの?
A1:一般の方もチケットを購入すれば入場可能。チケットは別室でのディナー付きで4万円。

Q3:正装しなければいけないってホント?
A3:ホントです。報道関係者もジーンズは不可、ジャケット着用でした。

Q4:かわいいコンパニオンのおねえさんはいますか?
A4:いました。目の保養になります。

日本アカデミー賞授賞式

こちらにも。

日本アカデミー賞授賞式

Q5:俳優さんたちを間近でみることはできますか?
A5:ステージ前に、受賞者の方々のテーブル、そのすぐ後ろが観客席となっている。ステージは少し遠いが、設置されたモニタには大きく受賞の模様が映し出されるので大丈夫。席が前方なら、受賞者のテーブルも近くに見ることができる。ステージまでのレッドカーペットは観客席のそばを通っているので、受賞者の入退場の模様は近くで見ることができる。

日本アカデミー賞授賞式

会場後方からの写真。

少し会場の様子がお分かりいただけただろうか。

さて今回俳優部門は『悪人』が総なめ、そして脚本賞、監督賞、作品賞を『告白』が受賞した。この二つの作品は、登場人物の行動だけをみれば正しいとは言えないような、人の心の暗い部分や葛藤に焦点をあてた作品だった。受賞者のコメントの中にも、作品と向かい合う覚悟、難しさなどが感じられた。

以下、受賞者のコメントや写真をいくつか紹介する。

日本アカデミー賞授賞式

左から、中島哲也監督、深津絵里さん、江本明さん

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。