ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NMB48、12thシングル「ドリアン少年」MV通常バージョン公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©NMB48
6月9日に初公開されたNMB48のニューシングル「ドリアン少年」ミュージックビデオ ダンシングバージョンに続いて、通常バージョンを、6月17日NMB48劇場にて初公開した。

通常バージョンは、「ナギイチ」(4thシングル)「僕らのユリイカ」(7thシングル)に続いて、『ホットロード』『アオハライド』などを手掛けた三木孝浩監督を迎えて、ミュージックビデオとしては初めて台湾で、ロケ撮影を行った。

©NMB48
撮影された5月中旬、台湾で空港に到着したときから、大勢のファンによる出迎えがあり、大龍峒保安宮では、エキストラとして集まった台湾のファン110名と伝統的な將官や門神、三太子などと一緒に、まるでお祭り騒ぎのように歌い踊り撮影を行い、老若男女問わず、楽しみながらの撮影となった。

©NMB48
日本の大正時代頃の街並みが残る、三峡老街では、街を練り歩きながら沿道にいる人もすぐに振りを覚えて、一緒になって踊っていた。

夜市では、台湾らしい食べ物やマッサージ店などが軒連なっており、初めての台湾の夜市を満喫しながら撮影。市川美織とともに占いに立ち寄った谷川愛梨は、結婚する年齢を占われ、3年後に結婚するチャンスの結果が。その婚期を逃すと7年後だという。

台中の麗宝楽園にある世界で唯一の高空軌道断絶式ローラーコースター「搶球地心」にはお化け屋敷に入ると、数時間は出て来れないこと数知れない小谷里歩らが参加し、恐怖のあまり、顔面蒼白。その様子もきっちりミュージックビデオには使用されている。

最近、映画の撮影地にもなったことで、人気の彩虹眷村でも撮影を行っている。

デビューシングルより、毎回特徴ある振り付けにも注目のプールサイドでのダンスシーン。今回のドリアン少年の振り付けは簡単で、みんなで歌って踊れる曲となっている。

三木孝浩監督コメント
(撮影場所が、台湾になったエピソードを教えて下さい)
今まで「ナギイチ」「僕らのユリイカ」とNMB48の夏曲のミュージックビデオを監督させてもらったのですが、今回は趣向を変えて、オリエンタルな雰囲気で行こうという話になり、南国感も含めて台湾に決定しました。どこか懐かしい風景と、街に漂うエネルギッシュな空気感はNMB48のイメージにもすごくフィットしてたと思います。
台湾は個人的にも大好きな場所で、特に夜市の賑わいが情緒豊かでとても気に入っているので、その雰囲気の中で撮影出来たのはとっても嬉しかったです。

(今回の撮影で1番大変だったことはありますか。台湾のスタッフとのコミニケーション等)
後半の夜のお祭り騒ぎのシーンは、エキストラも沢山いて時間も限られていたので撮影準備も含めてとても大変だったのですが、地元のエキストラの方々が非常に協力的で
ノリもとても良かったので、楽しい雰囲気の中で撮影することが出来ました。
そのおかげでメンバーもすごくいい表情をしてたと思います。

(メンバーについてもコメントお願いします)
今回は須藤さんが初センターでしたが、さや姉とみるきーという抜群の安定感を誇るツートップが両脇を支えて、須藤さんの初々しさ、フレッシュさを見事に引き立てていたと思います。
他のメンバーも、毎年のように夏のミュージックビデオをやらせていただいてるおかげで、みんなの成長過程が感じられて嬉しかったです。
今回は海外ロケということで、メンバーの非日常の高揚感もありつつ、プライベートな空気が切り取れたんじゃないかなと思います。定番となりつつある小谷さんネタもぜひ楽しんでいただければと思います(笑)。水着のダンスシーンはもちろん見どころですが、台湾でオーダーメイドした制服もすごくキュートなので、ぜひ見てもらえたら嬉しいです。

関連リンク

NMB48 オフィシャルサイト:http://www.nmb48.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP