ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

舞台『弱虫ペダル』最新作上演決定!前作に続き演出・脚本を西田シャトナー、音楽をmanzoが担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 渡辺航のマンガ『弱虫ペダル』を原作にした舞台シリーズの最新作上演が決定した。

【関連:舞台『弱虫ペダル』キャストがロードバイクで疾走!撮り下ろしDVD発売決定】

 原作は単行本は累計1300部を突破する、秋田書店『週刊少年チャンピオン』で連載中の人気作品。これまでテレビアニメシリーズが2期放送され、2015年8月には劇場版アニメの上映が控えている。

 舞台『弱虫ペダル』は、演出家・西田シャトナーの独特な演出技法と実力派俳優陣の熱演が話題となり、2012年の第1作上演から人気を集める舞台シリーズ。2015年3月に上演された第6作の舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The WINNERでは、東京・大阪・福岡の3都市での劇場公演に加え、千秋楽公演を映画館で同時生中継する“ライブビューイング”も実施。国内79館に加え、台湾・香港・韓国の3カ国、7館に生中継され多くの人が観劇した。

 シリーズ7作目となる新作では、前作に続き、演出・脚本を西田シャトナー、音楽をmanzoが担当する。

 詳しい公演日程やチケット、そして気になる出演者情報については、今後順次発表されるという。ファンの方は期待して続報を待とう。

(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダルGR製作委員会
(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、ディー・バイ・エル・クリエイション

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP