ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープ、スマートフォン向けインセル型パネルの量産を開始、スマートフォンの薄型化・軽量化に貢献

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャープが国内の液晶パネル工場で 6 月よりスマートフォン向けのインセル型 CG シリコン液晶パネルの量産を開始したことを発表しました。インセル型とは、液晶の表示モジュールとは別に搭載されていたタッチパネル部品を液晶モジュールに内蔵したパネルのことで、ディスプレイユニット全体の薄型化や軽量化、タッチレスポンスの向上に貢献します。シャープは、インセル型パネルの量産を LTPS(CG シリコ)を採用する三重第 3 工場で開始し、今後は亀山第 2 工場でも生産することも検討していると述べています。シャープがインセル型 CG シリコン液晶の量産をはじめたことで、国内向けの AQUOS スマートフォンやシャープ製液晶の採用が特に多いハイスペック中華フォンのスリム化などに期待できます。Source : シャープ


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3 vs Xperia Z3+/Z4の性能比較で意外な結果が・・・
GoogleフォトのAndroidアプリがv1.1.0にアップデート
Moto 360のAndroid 5.1.1アップデートが始まった模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP