ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑さで崩れるメイク・夏の化粧直しの秘策とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏のメイクはスキンケア・ベースメイクがポイント

今年も夏がやってきます。暑くなると汗によるお化粧崩れが気になりますよね。今日は、夏季のメイクについてお話します。持ちを良くするためには、メイク前のお手入れやファンデーションののせ方などに気を配りましょう。

「下地が大事なのはわかっているけど、どのようにすればいいの?」といった悩みを持つ女性に向けてスキンケア・ベースメイクのポイントと手軽にできるお化粧直しのコツを紹介しますので参考にしてみてください。

毛穴を引き締めて十分に保湿、ファンデーションの厚塗りはNG

まず化粧下地について。
(1)肌を冷やして引き締める。
洗顔後、冷やしたタオルや保冷剤をガーゼハンカチなどでくるみ、顔にあてて冷やすことで毛穴が引き締り化粧くずれしにくくなります。同じく洗顔後に炭酸ミストやスプレー式の化粧水をシュっとひと吹きしたり、冷蔵庫で冷やしたシートパックなどを使ったりするのもいいですね。自分に合った方法をチョイスしてみてください。

(2)十分に保湿を。
夏も紫外線やエアコンでお肌が乾燥しています。皮脂を気にして保湿をしないと肌が潤いを求めて余分な脂を分泌してしまいます。ベタつきが気になるようであれば、朝と夜の基礎化粧品を使い分けてみましょう(朝さっぱりタイプ、夜しっとりタイプにするなど)。乾燥が気になるけどTゾーンが崩れやすいという人は、その部分のみさっぱりタイプにするのもおすすめです。外からだけでなく内側からも潤いを与えるために、水分をこまめに取るようにしましょう。

(3)ファンデーションは厚塗りをしない。
崩れやすいTゾーンは、お粉をのせるときパフで他の部分よりややしっかりめに押さえるようにしましょう(粉を多くつけるという意味ではありません)。

外出にはスポンジ、ティッシュ、綿棒の3つを携帯

崩れてきたときの対処法について。用意するものは、朝のメイクで使ったスポンジ、ティッシュ、綿棒(クレンジングがしみたもの)の3つです。お化粧直しをするとき、リキッドファンデーションの場合、まずテカリをティッシュで押さえ、朝に使ったファンデーションがついたスポンジを顔に伸ばします。その後おしろいで軽くおさえてください。

スポンジは未使用ではなく、朝に使ったファンデがついているものにするのがポイントです。ティッシュでくるむか、ビニール袋に入れてポーチに入れておくことをオススメします。好みや個人差がありますが、リキッドファンデーションの方が粉っぽくならず崩れにくいです。

目の下ににじんでしまったアイメイクは、クレンジングを含ませた綿棒(市販で売っています)でふき取り、先ほどのスポンジでなおすとキレイになります。このように、メイクは簡単に整えることができますのでぜひ、試してみてください。

(長田 正子/メイクアップアーティスト)

関連記事リンク(外部サイト)

夏のメイク崩れ、効果的に防ぐには
「ネオ・70年代」を彩る春メイク「抜け感」がポイント
ビールに流れる夏需要取り込む日本酒業界。この夏飲みたい日本酒は?

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP