ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの有名観光地にもランナーが?世界のおもしろランニングコース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo by: Keita「オクトーバーフェスト参戦!」より

TRiPORTライターのYOKOです。
日本でも皇居の周りを日常的にランニングする人がいるように、旅先でもランニングやジョギングをしている現地の人が存在しています。旅人にとっては驚きのものでも、そこに住んでいる人にとっては普通ということもありますよね。それはランニングコースにおいても同じことが言えるのではないでしょうか。

今回は、旅先で筆者が見つけた驚きのランニングコースをご紹介します。

コロッセオで朝ラン

イタリアのローマといえば、何を思い浮かべますか? トレビの泉、バチカン市国と並んで有名なのが「コロッセオ」です。旅行者からすれば、コロッセオは「観光名所の一つ」ですが、なんとそこを「ランニングコース」として使っているランナーたちもいるのです。朝早い時間でも走っている人を結構見かけました。

もちろん中に入るためには入館料がかかるので、ランナーは外を走っています。「今日はコロッセオ、何周する?」なんて会話が成立しているのではないかと、思わず想像してしまいました。

気分は毎日ホノルルマラソン

Photo by: Kenji Tomita「HAWAI TRIP 2013

普段の練習会場が試合会場になるという経験をしたことはありませんか? 部活動の試合で使う体育館や、マラソンや駅伝で使用されるランニングコースなど、普段練習している場所がそのまま本番の会場になることもありますよね。

ハワイでは毎年12月にホノルルマラソンが開催されています。近年では参加者の半分程度を日本人が占めるほど、日本人には馴染みのあるマラソンです。この大会で使われるコースを普段のランニングで使用している人も少なくありません。コースに慣れることができてラッキー、そしてコースが海沿いで素敵すぎるという利点があるのでしょう。

海に入るのもいいですが、海沿いを散歩したり、ランニングしてみるのも気持ちがいいものです。汗をかいたら海に飛びこんで泳ぐのも爽快でしょうね。

ベネチアは筋トレに最適?

Photo by: Chikako Murakami「イタリア6都市巡り-1-ヴェネツィア

イタリアのベネチアは水の都とも呼ばれています。その名の通り、島のような形をしていて、街中には水路がたくさん。車は入ることができないので、ほぼ徒歩での移動になります。ゴンドラや小さなボートなども多く使われるので、細かく水路が入り組み、とにかく橋が多いのです。

街中を歩き回るだけでも何度も橋の階段を上り下りするので、とにかく足がつらくなってきます。筆者が朝に散歩がてら街を散策しているとき、真剣にトレーニングをしている人を何人も見かけました。走りながら筋トレも真剣にしたいという人は、ベネチアでランニングをするといいかもしれません。走るだけでもかなり足が鍛えられると思います。

世界遺産で筋トレ?

旅行をしていると、実際に行ってみたら意外と目的地にたどり着くまでがハードだったり、体力を求められる場面に遭遇することもあるでしょう。建物内部の階段が思ったより多いなんてこともよくあります。

想像していたよりハードな道のりでも「現地に住んでいたら毎日ここを通っていたのか…」と思うと、少し楽しめる気がしませんか? トレーニングになるほどハードな道のりに出会ったら、そんな風に楽しんでみてはいかがでしょうか。

(ライター:Yoko Fujie
Photo by: Keita「オクトーバーフェスト参戦!

関連旅行記はこちら

*Keita「オクトーバーフェスト参戦!
*Kenji Tomita「HAWAI TRIP 2013
*Chikako Murakami「イタリア6都市巡り-1-ヴェネツィア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP