体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お金の管理はこれで安心!数字に弱い女性が知っておくべき「12のコト」

150617_woman_money

一般的に、お金の計算や数字が苦手な女性は多いですよね。そんな人でも、これから紹介する「12のコト」を実践できれば、いつか大きな見返りを得るかもしれません。

貴重なアドバイスの主は、主に女性に向けて投資などのサポートを行なっているBarbara Stanny氏。実は、もともと彼女自身も財政に関する知識はゼロ。だからこそ、「Mind Body Green」に掲載されている彼女のメッセージは、抜群の説得力を伴っています。将来を見据えながら読んでみて!

8215661184_440006ca8d_z_R

これまで私は、父親と夫にお金の管理を任せてきました。財産管理って、なんか難しそうだったから。でも、夫がギャンブルにハマってしまって…。離婚後にまで100万ドルを超える請求書が届いたのです。もちろん、そんなお金はありませんでした。

夫は国を離れ、父親も助けてくれませんでした。私には3人の娘がいて、お金に関する知識はゼロ。当時は本当にボロボロでした。

あの頃と比べると、私はずいぶん成長しました。女性にとって、お金をきちんと管理することは「力を持ち、望む姿を実現する」ための方法だと理解したのです。今の私の目標は、他の女性たちのお金に関するミラクルをサポートすること。

そのためにぜひ知っておいてほしいことを、これから説明していきたいと思います。

shutterstock_238959133_R

01.
第2の収入源を考える

重要なことはすでに持っているお金をどう使うか。投資によって利益を狙ってもいいし、インフレや税金よりも速い成長速度の資産を購入してもいい。

02.
危機的状況になる前に
対処する

女性の多くは、お金が無くなってから投資を始める。でも、それは最悪のタイミング。冷静さを失った状態なので、正しい判断ができないから。落ち着いて考える余裕があるときに、真剣に資産の管理を始めるべき。

03.
当事者意識を強く持つ

shutterstock_184659839_R

いつか、お金持ちのサラリーマンや宝くじのような「白馬の王子様」が現れるかもという空想を捨てること。そんな夢物語があなたを救うことはないと考えたほうがいい。

04.
とはいえ、
助けてくれる人もいる

一番多く給料をもらっている人が、必ずしも一番多くの資産を持っているわけではない。そのからくりは、プロのファイナンシャルアドバイザーの存在にある。でも、その人が本当に信用できるかどうかはしっかり確かめて。

05.
理解できないものには
投資しない

「自分は何を買っているのか」が理解できないだけでなく、「売るべきタイミング」についての情報も正しく判断できないから。株や債権が当てはまりそう。

06.
まずは小さな一歩から

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会