ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MLBの歴史的誤審 審判に脅迫状が送られFBIが捜査する事態に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 MLBには今でも「ザ・コール」という言葉で語り継がれる有名な誤審がある。

 カンザスシティ・ロイヤルズとセントルイス・カージナルスとの間で行なわれた1985年のワールドシリーズ第6戦。3勝2敗で王手をかけたカージナルスが、1対0とリードして9回裏のロイヤルズの攻撃を迎えた。

 先頭打者の打ったゴロを一塁手が捕り、ベースカバーに入ったピッチャーにトス。タイミングは明らかにアウトだったが、一塁塁審のドン・デンキンガーは「セーフ」をコールした。カージナルスは猛抗議するが判定は覆らない。試合が再開されると、ロイヤルズに2点を奪われ、逆転サヨナラ負けを喫する。

 ワールドシリーズでは審判は時計回りにローテーションする。そのため、翌日の第7戦ではデンキンガーが球審を務める。カージナルスは審判を代えるよう求めたが認められず、試合は殺気立った雰囲気で始まった。

 カージナルスは序盤からピッチャーが打ち込まれ、5回で0対11と絶望的な大差をつけられる。その上、リリーフで登板したピッチャーがストライクと思えた球をデンキンガーにボールと判定されると、監督が激高して猛抗議し、退場処分を受けてしまう。さらにピッチャーも次の球の判定に怒って抗議し、退場。試合は0対11のまま終了し、ワールドチャンピオンの栄冠はロイヤルズが手にした。

 カージナルスにしてみれば第6戦の誤審で歯車が狂い始め、優勝を逃したことになる。そのため、地元セントルイスでは「チャンピオンシップがデンキンガーに奪われた」と大騒ぎし、誤審のシーンが繰り返しテレビで放送され、“アウトの瞬間”のポスターまで作られた。ついにはデンキンガーに脅迫状が送られてFBIが捜査する事態に発展する。

 MLBではそれから23年後の2008年からホームラン判定に限定して、2014年からストライク、ボールの判定を除くプレーについて、ビデオ判定が導入された。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他
レ軍で世界制覇時の上原 歴代ナンバーワンの安定感だった
下半期のK-POPシーン 韓国で“国民の妹”・IU(アイユ)に注目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP