ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

薬丸裕英 25年目のハワイ挙式はドレス代程度のケンヤックン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 薬丸裕英(49才)は、妻の秀美(48才)と、銀婚式を迎えた6月8日、ハワイ挙式を行ったことを自身のブログにこう報告した。

《私達夫婦は25年前色々大人の事情やアイドル同士の結婚でお互いの事務所関係者にご迷惑をおかけしたという事もあり結婚式を挙げずに入籍だけで夫婦になりました

 今年25年目の記念日に“母親にウェディングドレスを着せてあげたい”という子供達の熱い思いがあり「家族だけの結婚式」を行う事になりました》

 あるワイドショー関係者がこう振り返る。

「アイドルとして人気絶頂だったふたりが結婚会見を開いたのは1990年6月のことでした。すでに秀美さんは妊娠6か月だったこともあり、“挙式は出産後落ち着いてから”、との話だったんですよ」

 その後、薬丸家には3男2女が誕生。子育てに追われる妻をサポートしながら、薬丸は家計を支えた。

「もともと薬丸さんは、独身時代に一人暮らしを始めた頃から小遣い帳をつけたり、収録現場では弁当のあまりを持ち帰ったりするなど、自他共に認める“ケンヤックン(倹約)”でした。パパになってからはさらに細かくなっていきましたよ。財布はポイントカードでぱんぱんにふくらんでいますし、お風呂に入るときは家族が時間をつめて入ったり、スーパーでの買い物もタイムセールの時間を狙ったり」(芸能関係者)

 そんな薬丸・秀美夫妻のハワイ婚についてこんな証言が。

「今回薬丸さんは家族のみで邸宅を借りて挙式したそうです。ヘアメイクや撮影などは昔からの現地の友人にお願いしたといいますから、はっきりいってドレス代くらいしかかからなかったと話していました。さすが、ケンヤックンですよね(苦笑)。日本で挙式するより、うんとリーズナブルだったようです」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2015年7月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
薬丸裕英 「『はなまる』終了は本当に死活問題」との証言も
小倉優子 ハワイ挙式の下見をかねて彼と旅行に行っていた
薬丸裕英 妻と娘に会いに「ハワイへ1泊3日弾丸通い夫」生活

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP