ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

波紋呼ぶ元少年Aの手記「せめて名前出すべきだった」の声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件。犯人として逮捕された当時14才の少年Aによる手記『絶歌』(太田出版)が発売された。手記の出版を知らされていなかった被害者遺族たちは、怒りに震えた。殺害された土師淳(はせ・じゅん)くん(享年11)の両親は6月10日、こんなコメントを出した。

「彼に大事な子供の命を奪われた遺族としては、以前から、彼がメディアに出すようなことはしてほしくないと伝えていましたが、私たちの思いは完全に無視されてしまいました。なぜ、このようにさらに私たちを苦しめることをしようとするのか、全く理解できません。(中略)

 もし、少しでも遺族に対して悪いことをしたという気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、本を回収してほしいと思っています」

 さらにある情報番組に出演した際には、「子供は2度殺された」と語っている。

 当時、Aに腹部を刺されながらも一命を取り留めた被害者の少女(当時9才)の母親が、かつて女性セブンに話した悲痛の叫びがよみがえる。

「娘はいまだに静かな場所を一人で歩けません。テレビドラマを見ていても、殺人の場面になると悲鳴を上げて泣き出します。トラウマが消えないんです。二度と出てこないでほしいと、心から思います」

 事件の後遺症に悩む被害者家族にとって、Aの手記は正気を保てる内容ではない。手記の発売後、アマゾンでは瞬く間に900件超のレビューが書き込まれ、大いに荒れた。

《あまりのおぞましさに寒気がする》

《世に出してはいけない本》

《書店でも子供の目の触れる所に置くべきではない》

 世の母親たちからも非難の声が噴出した。

「淳くんと同じ年頃の娘を持つ身として、この手記の出版は理解できません。私は幼児虐待のニュースを見るだけで心を痛め、チャンネルを変えてしまうほどです。親ってそういうものです。子供の殺害の描写まで細かく書くなんて、もし遺族が読んだらどうなってしまうか…。“遺族のかたに心からお詫び申し上げます”と言いながら、彼は本当のところでは、何も反省していないんでしょう」(40才主婦)

「自分が注目されたいだけの単なる自己満足でしかない。遺族を悲しみのどん底に突き落としておいて、自分は印税で大金を得るなんて許せません。今からでも発売中止にするべきです」(38才主婦)

「市橋達也や加藤智大とか、遺族の許可なく獄中手記を出した殺人鬼は何人もいるので、手記を出すこと自体は問題ないと思います。ただ、せめて名前は出すべきだった。事件当時は未成年だったかもしれないけど、今はもう32才なんだから」(45才主婦)

※女性セブン2015年7月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
震災で児童犠牲の大川小学校 記念写真撮影を禁止する看板も
木嶋佳苗が手記を死刑判決日に発表したことに「佳苗らしい」
自分に才能あると信じる人から金巻き上げる自費出版暴露小説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP