ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポスト原監督 桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人を率いて通算12年に及ぶ原辰徳監督だが、今季限りで契約切れを迎える。早くも球団内外では、次期監督の名前が取り沙汰されている。松井秀喜氏や横浜の中畑清監督、中日の落合博満GMの名前も挙がっている。

 ポスト原となれば、前出の3人に匹敵するビッグネームの人選が求められる。他に名前が挙がるのが桑田真澄氏だ。

 引退後の桑田氏は理論派指導者として東大の特別コーチに就任。大きな故障を乗り越えて復活した経験や、メジャーでも投げたという実績は指導者として役に立つだろう。しかも近年、巨人の監督を経験した投手出身者は藤田元司氏、堀内恒夫氏と全員が背番号18番。この符合も意味深だ。

 そしてエースといえば、もう1人の大物にも光が当たりつつある。“万年候補”といわれながら、入閣すらなかった江川卓氏だ。

 江川氏は以前、ユニフォームに大きく近づいたことがあった。「清武の乱」が起きた2011年のことだ。

「清武の乱」とは2011年11月、巨人の球団代表兼GMだった清武英利氏が「読売巨人軍のコンプライアンス上の重大な件」とする記者会見を開き、渡辺恒雄会長(当時)にコーチ人事を鶴の一声で覆されたなどと批判。ヘッドコーチには岡崎郁氏の留任が内定していたが、これを渡辺会長に反故にされ、江川卓氏をヘッドコーチに招聘すると聞かされた、という主張だった。巨人側はこの会見の直後に清武氏を解任した。スポーツジャーナリストが語る。

「この時、江川氏が原監督の下でヘッドコーチとして入閣し、その後の監督としての道を作る話があった。これは渡辺最高顧問の盟友である、氏家齊一郎・元日本テレビ会長の意向があったといわれる。

 氏家氏は2011年3月に亡くなるが、その直前に渡辺最高顧問と会食した際、『江川を何とかしてやってくれ』という遺言めいた言葉を託したとされている。義理堅い渡辺最高顧問は、その言葉がまだ脳裏にあるはず」

 巨人OBはどう考えているのか。広岡達朗氏は、今年の4月に急遽監督代行を務めた川相昌弘ヘッドコーチの手腕を評価する。

「原よりも川相の方が何倍も監督らしかった。どっしりと構えて、原のようにわけのわからない用兵をすることがなかった。監督のやり方や説明について、選手はなるほどと思えなければ信頼しませんよ」(同前)

 代行監督としての成績は4勝1敗。開幕から調子の上がらなかった巨人の借金を返済して5割復帰を果たし、わずか5試合で川相カラーを見せつけた。彼も立派なポスト原候補といえるだろう。

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
江川ヘッド案 原監督が提案したのは自分の地位脅かさぬから
【プロ野球コーチの役割】ヘッドコーチ編 監督退場時は代役
日本ハム栗山監督 原巨人でヘッドコーチになる可能性あった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP