ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「007」シリーズ最新作『007 スペクター』撮影ロケ地からの最新映像!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

「007」シリーズの最新作、『007 スペクター』が12月4日(金)より全国公開される。
その最新作を撮影中のメキシコから、ビデオ・ブログ第4弾が到着した。毎回、作品の魅力が凝縮されたオープニングでファンを魅了し続ける007シリーズ。今回判明したアバンタイトル(オープニング)の舞台はメキシコ「死者の日」。

 

サム・メンデス監督いわく「刺激的、濃厚な世界に、観客を投げ込みたいんだ。メキシコの『死者の日』には、どこを見ても、色彩とディテールと生命感にあふれている。山車やガイコツも作ったし、衣装も見事で、職人技が活きている」。
撮影は実際の「死者の日」でロケを行ったのではなく、撮影用にこのお祭りを再現。CGなどは使用せずに1500人分の着替えを75分(1分で20人!)で行ってしまうなど、衣裳から何からすべてを完全再現した。

死者を陽気に迎える祝祭日で、生まれ変わりを象徴する「死者の日」。今回のボンドの危険な任務、そして死の恐怖を乗り越えたボンドを予感させ、なんとも思わせぶりなアバンタイトルの舞台設定。
果たして、ここでどのようなアクション、衝撃的なシーンが繰り広げられるのか。
公開まで少しずつ明かされていく『007 スペクター』。公開までその動向に注目だ。
007 スペクター
12月4日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
facebook: http://www.facebook.com/JamesBond007JP
twitter: http://twitter.com/007movie_JP
SPECTRE (c) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and
Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP