ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ジュラシック・ワールド』オープニング興収史上No.1獲得、急遽日本公開日の繰り上げも決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ジュラシック・ワールド』オープニング興収史上No.1獲得、急遽日本公開日の繰り上げも決定

 スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める『ジュラシック・パーク』シリーズの最新作『ジュラシック・ワールド』が日本を除く世界各地で先週末公開され、オープニング記録5億2410万ドルを記録した。

 オープニング週末成績5億ドル突破は映画史上初で、さらにアメリカ国内では12日~14日の週末3日間で公開された映画作品の全体興収のうち、なんと76.2%が本作の興収という記録を打ち出すなど、最高のスタートを切った。この大反響を受けて、なんと日本では急遽、予定より2日も早い8月5日から公開されることが決定した。オープニング興収ランクトップ5は以下となる。

1、『ジュラシック・ワールド』(2015)5億2410万ドル
2、『ハリー・ポッターと死の秘宝パート2』(2011)4億8320万ドル
3、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)3億9760万ドル
4、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009)3億9400万ドル
5、『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)3億9250万ドル

◎公開情報
『ジュラシック・ワールド』
2015年8月5日(水)より全国ロードショー
監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン
配給:東宝東和
(C)2015 Universal Pictures

関連記事リンク(外部サイト)

『ジュラシック・ワールド』最新映像とパークサイトで、園内の様子が明らかに
真田広之、3カ月ぶりに帰国し出演ドラマをPR 来年の目標は「日本映画もやりたい」
映画『ジュラシック・パーク』のテーマ曲に再び注目集まる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。