ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6/22付ビルボードジャパンチャートおよび6/8~6/14 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による6月22日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年6月8日〜6月14日)および2015年6月8日〜6月14日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

B’z「RED」、セールス・ラジオ・ルックアップで三冠、ビルボード総合Hot100首位獲得

広島東洋カープ、黒田投手の登場曲として注目されたB’z「RED」が、Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。セールス1位、ラジオ1位、ルックアップ1位、ツイート5位と、変わらぬ訴求力の高さを見せつけた。総合2位にはK-POPアイドルグループGOT7「LOVE TRAIN」が、渡辺麻友「出逢いの続き」を押さえて初登場。GOT7は、セールス3位、ルックアップ78位と、渡辺麻友のセールス2位、ルックアップ39位の2指標を下回ったが、コアファンを中心とした10万回を超えるツイートによってツイート1位となり、前述2指標のポイント差を逆転した。

YouTubeでは、BIGBANG「BANG BANG BANG」が150万回を超える国内再生回数をマーク、3万回の僅差で前週1位のゲス乙女。を押さえて1位となった。ダウンロードはUNISON SQUARE GARDENが1位をキープ、ルックアップも4位で、引き続きロングヒット中だ。ストリーミングでは、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の地上波放映に合わせ、小枝理子&小笠原秋「ちっぽけな愛のうた」が急上昇、ダウンロードも6位、ツイッターは52位までジャンプアップし、総合37位に順位を上げている。

新チャート“Hot Albums” 第3回は安室奈美恵『_genic』がダントツのNo.1、ミスチルも好調を維持

今週で3回目の発表となる“Hot Albums”。このチャートは、アルバムの“CDセールス”“デジタル・ダウンロード”“ルックアップ回数”の3指標を合算して作られる国内初のアルバム複合チャートだ。

第3回目は、6月10日リリースの約2年ぶりとなる安室奈美恵のオリジナルアルバム『_genic』が他を寄せ付けない強さを見せ首位となった。『_genic』は、セールス部門では頭ひとつ抜けたポイントを稼ぎ1位。ダウンロードでも1位。ルックアップ回数は2位になったが、総合でダントツのポイントを稼ぎ1位を獲得した。

2位には、先週1位のMr.Children『REFLECTION』。セールス2位、ルックアップ1位と高ポイントを維持したが、リリース初週の『_genic』には及ばなかった。3位は、ナオト・インティライミのベストアルバム『THE BEST!』。セールス3位、ダウンロード2位だったが、ルックアップ14位となり3位に留まった。5位には、【FUJI ROCK FESTIVAL ‘15】でヘッドライナーのミューズの新作『ドローンズ』が入った。全英チャートでは1位を記録したこの作品は、セールスとデジタルでポイントを積み重ねTOP5入りを果たした。

東京パフォーマンスドール『電波教師』エンディング曲がUSGを破りアニメチャート初登場首位

今週のアニメチャートは、東京パフォーマンスドールによる『電波教師』ED曲「DREAMIN’」が、3週連続の首位更新中となっていたUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」を僅差で破り、見事1位に輝いた。グループが結成当初から歌い続けてきたという「DREAMIN’」は、CDセールスのポイントで他を圧倒、かつ、ラジオプレイも20曲中1位と絶好調で、デジタルポイントで先行する「シュガーソングとビターステップ」を逆転した。とは言え、「シュガーソングとビターステップ」はラジオ(2位)、CDセールス(5位)、ルックアップ(1位)と各指標とも引き続き好調。「DREAMIN’」のCDセールスが落ち着く次週以降、更なる激戦となりそうだ。

そのほか、今週のチャート上位には、UVERworld「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」(3位)、BUMP OF CHICKEN「Hello,world!」(5位)など発売2週目以降の人気曲が目立つ。そんな中、発売初週ではSiMの『神撃のバハムートGENESIS』OP曲「EXiSTENCE」が4位、OLDCODEX『黒子のバスケ』ED曲「Lantana」が6位とそれぞれ健闘した。現状では、USG、UVERworld、BUMP OF CHICKENがこの初夏の“3強”としてアニメチャートに君臨しているが、その壁を超えられるかが次週以降の発売作品にとってもキーポイントになりそうだ。

また、今週、秦基博「ひまわりの約束」を除いて、唯一の映画系でのチャートインとなったのが『台風のノルダ』主題歌のGalileo Galilei「嵐のあとで」。他指標に比べてラジオプレイのポイントが高く、リスナーの接触時間が高かったことが伺える。映画のヒットによって他のポイントが伸びれば次週以降も上位進出を果たす可能性のある注目曲だ。同映画を含め、夏休みに向けたアニメ映画商戦の行方も、そのタイアップ曲のチャート動向とともに、今後ますます注目が集まりそうだ。

ウィズ・カリファとマルーン5が洋楽チャート1&2位をキープ、2組がタッグを組んだ2012年のヒット曲もランクイン

今週のビルボードジャパンの洋楽チャート“Hot Overseas”を制したのは8週に渡りトップ独走中のウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」。

エアプレイの衰退により総合シングル・チャート“JAPAN Hot 100”では先週9位から11位へとランクダウンしたウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」だが、今もなおデジタル・セールス、YouTube再生回数、ツイート・ポイントで記録を伸ばし続け、今週も首位をキープする結果に。続く2位のマルーン5「シュガー」は21週目のチャートインとなるが、ストリーミングとYouTubeで支持され続けており、YouTubeでは今年1月に公開されてから再生回数5億回を突破している。また、この2曲のヒットをうけ、主にストリーミング、YouTubeを中心に2組がタッグを組んだ2012年リリースのマルーン5「ペイフォン feat.ウィズ・カリファ」の人気が再加熱。リリースから3年近く経っているにも関わらず今週19位にランクインした。

いよいよ来週ニュー・アルバム『エモーション』をリリースするカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」は今週3位をマークし、再びTOP3圏内に浮上。今月末に控えるプロモーション来日では大型メディア露出が予定されていることもあり、再び首位に輝く可能性もありそうだ。

4thアルバム『エヴリシング・イズ・4』のリリースの伴い、大量のエアプレイ・ポイントを稼ぎ、4位にランクアップしたのはジェイソン・デルーロの「ウォント・トゥ・ウォント・ミー」。同じくエアプレイ・チャートを上昇中のミューズ「マーシー」は10位にランクイン、遂にTOP10圏内にエントリーした。最新アルバム『ドローンズ』は総合アルバム・チャート“JAPAN Hot Albums”で初登場5位、全英チャートでは1位を記録、7月に開催される【FUJI ROCK FESTIVAL ‘15】ではヘッドライナーを務めることも決定しており、夏にむけロングヒットが期待できそうな予兆をみせている。

児玉光雄監修『0歳からの育脳クラシック』が第1位 158回目のチャートインを記録

今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、フジテレビ『ホンマでっか』に出演の児玉光雄氏(右脳開発トレーナー)が監修した『0歳からの育脳クラシック』が第1位となり、158回目のチャートインを記録した。<Disc-1:右脳に働きかけるクラシック>と<Disc-2:優しい心を育むクラシック>の2枚組CDとなっており、誰もが知る名曲を中心に全28曲を収録。作曲家の時代は幅広く、楽器編成もピアノ独奏、室内楽、オーケストラと多彩で、大人も子供も楽しめる選曲となっている。

第2位に登場したのはジュリアード弦楽四重奏団設立初期の録音が収められた、15枚組の廉価ボックスだ。1946年にジュリアード音楽院の教授達で創設されたこの弦楽四重奏団は、メンバーの高い技量と共にシンプルで鋭く、直線的な表現を提示することで世界へ衝撃を与えた。このセットには、まさにその1949年、1963年という初期録音のみがセットにされており、ベルクやバルトーク、ウェーベルンなど近現代の作品のみならず、ベートーヴェンやモーツァルトなどの古典におけるストイックな響きに、今また新たに驚かされるだろう。

第3位にはアニメ『四月は君の嘘』の第1弾コンピ・アルバム『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』がチャートイン。今週で29週連続のチャートインとなった。アニメ・原作共に終了した本作だが、現在はオンデマンド番組にて期間限定でアニメ全話配信中。聖地巡礼イベントやコンサートが続々と開催されており、現在のところ8月までの追加公演が決定しているなど、まだまだ話題が途切れない人気作。今後もまだまだチャートを賑わせてくれそうな1枚となっている。

text:yokano

2015年6月22日付 Billboard Japan Hot 100

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 1 23 RED B’z VR 20150610 3 2 – LOVE TRAIN GOT7 SMR 20150610 1 3 – 出逢いの続き 渡辺麻友 SMR 20150610 1 4 – DREAMIN’ 東京パフォーマンスドール ERJ 20150610 1 5 3 シュガーソングとビターステップ UNISON SQUARE GARDEN TF 20150520 5 6 5 Beautiful Superfly WMJ 20150527 8 7 8 私以外私じゃないの ゲスの極み乙女。 WMJ 20150422 12 8 7 SISTER back number US 20150527 8 9 52 ハピマリ Silent Siren DRM 20150610 4 10 – In Love With The Music w-inds. PC 20150610 1 11 9 シー・ユー・アゲイン ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース WMJ 20150408 9 12 14 もしも運命の人がいるのなら 西野カナ SMER 20150429 7 13 39 R.Y.U.S.E.I. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE RZN 20140625 53 14 – ピクニック RADWIMPS TO 20150610 1 15 47 明日はきっといい日になる 高橋優 WMJ 20150610 4 16 13 僕の言葉ではない これは僕達の言葉 UVERworld SMR 20150527 3 17 6 水彩の月 秦基博 AOJ 20150603 5 18 2 僕たちは戦わない AKB48 K 20150520 7 19 26 サマータイムラブ Shiggy Jr. US 20150624 2 20 – EXiSTENCE SiM UN 20150610 1

2015年6月22日付 Billboard Japan Hot Animation

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 タイアップ 1 – DREAMIN’ 東京パフォーマンスドール ERJ 20150610 1 NTV系「電波教師」エンディング 2 1 シュガーソングとビターステップ UNISON SQUARE GARDEN TF 20150520 5 MXTV他「血界戦線」エンディング 3 4 僕の言葉ではない これは僕達の言葉 UVERworld SMR 20150527 3 TBS系「アルスラーン戦記」オープニング 4 – EXiSTENCE SiM UN 20150610 1 MXTV他「神撃のバハムート GENESIS」オープニング 5 5 Hello,world! BUMP OF CHICKEN TF 20150422 8 MXTV他「血界戦線」オープニング 6 – Lantana OLDCODEX LA 20150610 1 MXTV他「黒子のバスケ」エンディング 7 2 Brave Shine Aimer(エメ) SMR 20150603 2 MXTV他「Fate/stay night[Unlimited Blade Works]」オープニング 8 – きみを探しに 南條愛乃 PI 20150610 1 MXTV他「グリザイアの楽園 ブランエールの種編」エンディング 9 – スパイス 東京カランコロン AVT 20150610 1 TBS系「食戟のソーマ」エンディング 10 11 アシタノヒカリ AAA AVT 20150527 3 ANB系「ワールドトリガー」主題歌 11 10 Rally Go Round LiSA 他 20150527 3 MXTV他「ニセコイ」オープニング 12 15 ひまわりの約束 秦基博 AOJ 20140806 43 映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌 13 19 ORIGINAL RESONANCE 聖川真斗(鈴村健一),一ノ瀬トキヤ(宮野真守) U50 20150527 3 MXTV他「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ」より 14 12 Don’t Let Me Down Gacharic Spin V 20150603 2 CX系「ドラゴンボール改」エンディング 15 8 DESTINY ねごと KMU 20150603 2 TX系「銀魂°」エンディング 16 18 ラピスラズリ 藍井エイル SMER 20150422 8 TBS系「アルスラーン戦記」エンディング 17 13 春擬き やなぎなぎ PI 20150603 2 TBS系「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」オープニング 18 3 メモリーズ GRANRODEO 他 20150603 2 MXTV他「黒子のバスケ」オープニング 19 9 HEROES GLAY PC 20150525 4 TX系「ダイヤのA -SECOND SEASON-」オープニング 20 – 嵐のあとで Galileo Galilei SMER 20150610 1 映画「台風のノルダ」主題歌

2015年6月22日付 Billboard Japan 国内洋楽

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 1 1 シー・ユー・アゲイン ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース WMJ 20150408 9.00 2 2 シュガー マルーン5 UI 20140903 21.00 3 5 アイ・リアリー・ライク・ユー カーリー・レイ・ジェプセン UI 20150624 15.00 4 7 ウォント・トゥ・ウォント・ミー ジェイソン・デルーロ WMJ 20150603 9.00 5 6 私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない テイラー・スウィフト UI 20121024 90.00 6 4 アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ feat.セレーナ・ゴメス ゼッド UI 20150520 15.00 7 8 アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ マーク・ロンソン SMJI 20150304 29.00 8 3 バッド・ブラッド テイラー・スウィフト UI 20141029 4.00 9 13 フォロー・ミー feat.ジェイソン・デルーロ ハードウェル AVT 20150115 2.00 10 16 マーシー ミューズ WMJ 20150610 2.00 11 9 ハッピー ファレル・ウィリアムス SMJI 20140430 71.00 12 10 シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!! テイラー・スウィフト UI 20141029 42.00 13 14 グッド・タイム with アウル・シティー カーリー・レイ・ジェプセン UI 20120822 47.00 14 17 プロブレム feat.イギー・アゼリア アリアナ・グランデ UI 20140827 30.00 15 12 ブレイク・フリー feat.ゼッド アリアナ・グランデ UI 20140827 34.00 16 11 アイ・ベット・マイ・ライフ~僕の人生をかけて イマジン・ドラゴンズ UI 20150520 7.00 17 19 ラザー・ビー feat.ジェス・グリン クリーン・バンディット WMJ 20140611 23.00 18 – ワン・ラスト・タイム アリアナ・グランデ UI 20140827 2.00 19 – ペイフォン feat.ウィズ・カリファ マルーン5 UI 20121017 19.00 20 – オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言! メーガン・トレイナー SMJI 20150304 27.00

RADIO ON AIR DATA 6/8〜6/14 TOP5

順位 曲名 アーティスト名 1 RED B’z 2 サマータイムラブ Shiggy Jr. 3 フォロー・ミー feat.ジェイソン・デルーロ ハードウェル 4 Birthday 安室 奈美恵 5 コピペ グッドモーニングアメリカ

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP