ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

価格はたった18ドル!シンプル&低価格なウェアラブルが人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Trasenseウェアラブルガジェットの先駆けとなったフィットネストラッカー。

手首などにつけて、歩数や走った距離などを記録できるというもので、愛用している読者もいるのではないだろうか。

最近は高機能・高価格のものが多い中で、本当にフィットネストラッカーとしてシンプルに使いたいなら、このほどKickstarterに登場した「Trasense」がおすすめ。

・シンプルなデザイン

バングルタイプのTrasenseにはスクリーンなどはなく、ただライトが光る部分が1箇所あるのみというシンプルなデザイン。

手首につけて、動きがあるとセンサーがそれを感知して“オン”になる。そして歩数や距離、時間、燃焼したカロリーなどを計測する。作動時間は1回のフル充電でおおよそ7日間となっている。

Trasense2・価格は18ドルから

計測したデータはすべて連携するスマートフォンに送られ、ユーザーはアプリ(iOS、Android)でデータを閲覧・管理できる。

前日に比べてどれくらい運動しているか、あるいは目標の達成率をグラフなどで確認できるので、モチベーションの維持にも役立ちそう。

他の最新トラッカーに見られる、スマホにかかってきた電話を受信したり、音楽のボリュームやトラックを操作したりといった機能はないが、日々の運動量を知り、健康管理に役立てるには十分だろう。

Kickstarterでのキャンペーン(7月9日まで)では、現在18ドルの出資で入手できる(送料別)。

フィットネストラッカーを使ってみたいけど、そんなにお金をおかけたくない、ベーシックな機能だけでいい、という人は要チェックだ。

Trasense/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。