ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高知出身19歳の超絶無名ガールズバンド sympathy デビュー作のダイジェスト映像&ジャケット公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 たった1回の東京遠征ライブで、ビクターエンタテインメントの新レーベル CONNECTONEよりデビューが決まった、高知県の4人組超絶無名ガールズバンド sympathy。7月15日発売のデビューミニアルバム『トランス状態』のダイジェスト映像とジャケットデザインが公開された。

 同アルバムは、オープニングを飾る「女子高生やめたい」やリード曲「さよなら王子様」といったポップなロックナンバーから、「紅茶」や「泣いちゃった」といったグッと胸に迫る楽曲まで、4人の女子の感性が爆発している作品だ。公開されたダイジェスト映像(https://youtu.be/ZiQuKJpxk48)では、収録全曲試聴可能となっており、フレッシュで大きな未来を感じられる映像となっている。

 さらに、アルバムのジャケットも公開。サイケデリックな作風や、オリジナルキャラクター 顔ちゃんで知られる人気イラストレーター 内山ユニコによる描き下ろしとなっており、ロックフリークである内山ユニコは、送られてきた音源を聴いて超絶無名バンドの可能性を確信し描き下ろしを快諾。sympathyの歌詞にインスパイアされ“少女を脱ぎ捨てる瞬間の女の子”を見事に切り取ったイラストとなっている。

◎ミニアルバム『トランス状態』
2015/7/15 RELEASE
NCS-10097 1,800円(税抜)
収録曲:
1.女子高生やめたい
2.さよなら王子様 (アルバム・リード曲)
3.紅茶
4.有楽町線
5.泣いちゃった
6.あの娘のプラネタリウム

関連記事リンク(外部サイト)

高知出身19歳の超絶無名ガールズバンド sympathy ビクター新レーベルよりデビュー決定
チームしゃちほこ 【ひとりアイドル乱舞】で衝撃と笑劇のコラボ連発、しまじろうとの新曲もサプライズ発表
上間綾乃 戦後70年の節目に名曲「さとうきび畑」沖縄語版が誕生

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。