ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

児玉光雄監修『0歳からの育脳クラシック』が第1位 158回目のチャートインを記録

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
児玉光雄監修『0歳からの育脳クラシック』が第1位 158回目のチャートインを記録

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、フジテレビ『ホンマでっか』に出演の児玉光雄氏(右脳開発トレーナー)が監修した『0歳からの育脳クラシック』が第1位となり、158回目のチャートインを記録した。<Disc-1:右脳に働きかけるクラシック>と<Disc-2:優しい心を育むクラシック>の2枚組CDとなっており、誰もが知る名曲を中心に全28曲を収録。作曲家の時代は幅広く、楽器編成もピアノ独奏、室内楽、オーケストラと多彩で、大人も子供も楽しめる選曲となっている。

 第2位に登場したのはジュリアード弦楽四重奏団設立初期の録音が収められた、15枚組の廉価ボックスだ。1946年にジュリアード音楽院の教授達で創設されたこの弦楽四重奏団は、メンバーの高い技量と共にシンプルで鋭く、直線的な表現を提示することで世界へ衝撃を与えた。このセットには、まさにその1949年、1963年という初期録音のみがセットにされており、ベルクやバルトーク、ウェーベルンなど近現代の作品のみならず、ベートーヴェンやモーツァルトなどの古典におけるストイックな響きに、今また新たに驚かされるだろう。

 第3位にはアニメ『四月は君の嘘』の第1弾コンピ・アルバム『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』がチャートイン。今週で29週連続のチャートインとなった。アニメ・原作共に終了した本作だが、現在はオンデマンド番組にて期間限定でアニメ全話配信中。聖地巡礼イベントやコンサートが続々と開催されており、現在のところ8月までの追加公演が決定しているなど、まだまだ話題が途切れない人気作。今後もまだまだチャートを賑わせてくれそうな1枚となっている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

6月22日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
UNCHAIN 10周年ベスト盤遂にリリース SCOOBIE DO/KEYTALK/BRADIO/FLYING KIDS/FRONTIER BACKYARD等からお祝いコメント到着
高知出身19歳の超絶無名ガールズバンド sympathy デビュー作のダイジェスト映像&ジャケット公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。