ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新チャート“Hot Albums” 第3回は安室奈美恵『_genic』がダントツのNo.1、ミスチルも好調を維持

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週で3回目の発表となる“Hot Albums”。このチャートは、アルバムの“CDセールス”“デジタル・ダウンロード”“ルックアップ回数”の3指標を合算して作られる国内初のアルバム複合チャートだ。

 第3回目は、6月10日リリースの約2年ぶりとなる安室奈美恵のオリジナルアルバム『_genic』が他を寄せ付けない強さを見せ首位となった。『_genic』は、セールス部門では頭ひとつ抜けたポイントを稼ぎ1位。ダウンロードでも1位。ルックアップ回数は2位になったが、総合でダントツのポイントを稼ぎ1位を獲得した。

 2位には、先週1位のMr.Children『REFLECTION』。セールス2位、ルックアップ1位と高ポイントを維持したが、リリース初週の『_genic』には及ばなかった。3位は、ナオト・インティライミのベストアルバム『THE BEST!』。セールス3位、ダウンロード2位だったが、ルックアップ14位となり3位に留まった。5位には、【FUJI ROCK FESTIVAL ‘15】でヘッドライナーのミューズの新作『ドローンズ』が入った。全英チャートでは1位を記録したこの作品は、セールスとデジタルでポイントを積み重ねTOP5入りを果たした。

関連記事リンク(外部サイト)

6月22日付 Billboard JAPAN HOT Albums
児玉光雄監修『0歳からの育脳クラシック』が第1位 158回目のチャートインを記録
UNCHAIN 10周年ベスト盤遂にリリース SCOOBIE DO/KEYTALK/BRADIO/FLYING KIDS/FRONTIER BACKYARD等からお祝いコメント到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP