ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅の予行演習!?目的地の天候を体験できる“最新マシン”が空港にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Climate Portal

ストックホルム北部に位置するアーランダ国際空港は、スウェーデンの玄関口。

数々の飛行機が離陸と着陸を行うこのハブ空港に、ある“最新機器”が登場し、話題を呼んでいるという。

ターミナル5内にオープンした「Climate Portal(クライメイト・ポータル)」は、乗客がこれから向かう渡航先の天候を、現地到着前に体験できるという大変ユニークな体験型アクティビティ。

Climate Portal

乗客の誰もが利用できるこのシステムは「HOT」「COLD」「BIG」の3つの部屋があり、入り口のスクリーンに表示された街の天気予報と連動して、室内の温度や風の強さが自動設定されている。

Climate Portal

ちなみに「HOT」の部屋は“ドバイ”や“プエルトリコ”といった街をピックアップしているほか、「COLD」はアイスランドの“レイキャビク”や“スウェーデン最北の地“キルナ”あたりを設定。

Climate Portal

また「BIG」は“ニューヨーク”や“香港”“バンコク”といった大都市を渡航先に挙げている。

砂漠や極寒地などに移動する場合、到着前のイメージトレーニングとして、このような事前体験があるのは有り難いかも!?

搭乗までの時間潰しとしても使える、こちらの「クライメイト・ポータル」は、2015年8月末まで設置してあるそうなので、アーランダ国際空港を利用する際はぜひトライしてみて!

Stockholm Arlanda Airport
https://goo.gl/hrCmVD

旅行(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。