ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

声でコントロールできるワイヤレススピーカー「Amazon Echo」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazonからローンチされている「Amazon Echo」 は、ただのBluetoothスピーカーではない。

・音声認識・クラウド接続機能をもつスピーカー

なんと、音声認識機能、クラウド接続機能を有する、スマートなスピーカーなのだ。最新のアップデートによって、さらに性能がパワーアップした。

・“Alexa”という音声ナビゲーション

iOSに搭載されているSiriのような音声認識、ナビゲーションが可能になっており、「Amazon Echo」の場合、案内の声の主は“Alexa”と呼ばれている。

・ハンズフリーの操作が可能に

以前より、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスから操作し、音楽ストリーミングすることはできたものの、ユーザーの声で直接コントロールできるようになり、ハンズフリーの操作が可能になったのが大きな特徴。

・さまざまな質問に答えてくれる

「Alexa、今日の天気は?」「Alexa、○○の言葉の意味は?」など、さまざまな質問を投げかけると、Wikipediaなどの提携データソースから情報を抽出し、質問に回答をしてくれる。とても便利な音声アシスタントだ。

・見た目もオシャレで魅力的

円筒形のスピーカーはデザインもスマートで、テーブルに置いてもオシャレ。

上部にはマイク、ボリュームリングが搭載されていて、音声指令を受け付けると、発光してコマンドの受付中だとお知らせする。

そのほかにも、反応速度の向上、質問への回答の精度向上など、細かい部分でもパワーアップしている。

・Pandora、iTunes、Spotifyと提携

Pandora、iTunes、Spotifyなどと連携しており、もちろん、音楽ストリーミングのスピーカーとしても活躍してくれるだろう。

また、「Amazon Echo」には専用のアプリも用意されていて、Fire OS、Android、iOS、Webブラウザに対応している。

音声アシスタントとしても使える、便利でスタイリッシュなスピーカー、あなたのリビングに導入してみてはいかが。

Amazon Echo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP