ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球より独立リーグがアツい!ローズと中村ノリが接触、いてまえ打線復活か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今独立リーグが熱い!富山GRNサンダーバーズへのタフィー・ローズの加入でここのところ脚光を浴びているBCリーグを筆頭に、藤川球児が緊急加入した四国アイランドリーグplusと、地方で復活した野球レジェンドたち、そこになんと、今年移籍先が決まらず待機中の大砲、ノリさんこと中村紀洋が接触しにわかにざわつき始めた。

まだまだプロ野球での現役にこだわっている中村が独立リーグで復帰というのはまだまだ「根も葉もない噂」レベルであるが、タフィー・ローズ復帰で自身のFacebookでも「ノリさん、タフィ・ローズも復帰しますよ!ノリさんも早くバッターボックスに帰ってきて下さい!」と煽られているので本人も意識していない筈。実際、ローズが富山の試合後に「中村と電話で話した」と語っているが、中村は4月に野球スクールを開設するなど多忙なようなので、そう簡単に加入することは考え難いが、元メジャーリーガーがノーギャラで加入する世界である、何があるかわからない。

日本の独立リーグは、タフィー・ローズ加入で大きく動き始めた。6月の復帰後、5試合で18打数5安打2本塁打3四球と46歳になった今でも勝負強さを発揮したローズの効果が一ヶ月も経たずに現われはじめている。動員も200人レベルではあるがジワジワと増加、指導者としても若手選手への指導などでも敏腕を奮い、スポーツニュースで度々紹介されており、その影響力は大きい。独立リーグからプロ野球入りという夢に対し、プロ野球を戦力外通告された選手、高校、大学、社会人、アマチュアなどの受け皿=再挑戦の場としての活用および活性化など方法は色々あると思う。

勝負の世界だから、ファンの思い通りにはいかないかもしれないが、今年想定できる最高の独立リーグのカードは、吉岡雄二監督率いる富山、打者ローズ&中村紀の「いてまえトライアングル」VS高知ファイティングドッグス・藤川球児とのプレーオフだ。ストーリー性という意味では、今のプロ野球の日本シリーズより盛り上がる可能性も十分にある。

関連記事リンク(外部サイト)

ハゲとるやないかwww ニコラス・ケイジがCIA捜査官、用心棒、パイロットで3作連続公開!
名物レジェンドレスラー、ダスティー・ローデスが死去 WWEがテンカウントで黙祷
放送事故かよ!元プロ野球・加藤秀司の「わからない」連発の神解説がスゴすぎる
サンコンら「レジェンド外タレ」が破壊力抜群で相変わらず面白すぎると話題に
ドルトムント・香川真司が復活!ドイツ人サポーターの反応がアツすぎると話題

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。