ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【災害時の初動対応に有用】太陽光・風力発電の両方を実装!移動可能な発電トレーラー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地震や洪水、台風などの大災害が起きた後は、しばしば被災エリアの電力供給が寸断されることがある。

一刻一秒が被災者の生死を分かつため、迅速な救助活動をおこなう必要があるものの、電力供給がないことが大きな妨げとなってしまう。

・災害時に役立つ、移動可能な発電トレーラー

そんな災害時の初動対応に有用な発電装置が開発されている。Indiana Department of Homeland Securityの要請を受けて、WindStreamが開発した「MobileMill」である。

・太陽光、風力の両方で発電

太陽光と風力のエネルギーを集めて発電をする、移動可能なトレーラーだ。ステンレススチール、アルミニウムでできたトレーラーは、あらゆるタイプの車の後ろに連結することができる。

・高性能ながら、小さいスケールに

この「MobileMill」は、同社の「SolarMill」という発電装置をもとにしたもの。「SolarMill」では、太陽光パネルと、垂直軸風力タービンの両方をドッキング。高性能ながら、より小さいスケールに集約した。

・電力供給の安定化を目指す

太陽光パネルは晴れた日中のみ、風力発電は風が発生しているときしか作動せず、再生可能なエネルギーの供給は、どうしても周囲の環境に左右されてしまう。

太陽光と風力、この両方を徴用することで、少しでも電力供給の不安定さを解消、より効率的な電力供給を実現した。

・4キロワットの発電が可能

そして、「SolarMill」をベースにつくられた「MobileMill」では、太陽光、風力、合わせておよそ4キロワットの発電ができ、本体内には最大18キロワット時の電力を保存しておける。

90ものコンセント、USBポートが設置されているので、同時にたくさんのデバイスや機器の充電にあてられる。

・設置にかかる所要時間は1分かからない

しかも、装置の設置にかかる所要時間は1分足らず、「MobileMill」は1人で操作管理がおこなえるので、必要な人員を最低限に抑えられるのもメリット。

初動時の対応は、災害時の人命救助の成果に直結する。「MobileMill」のようなアイデアが、日本でも実現することが待たれる。

MobileMill

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP