ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オリコン2015年上半期発表、AKB48が5年連続上半期シングル1位・2位独占

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オリコンは16日、CDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど、音楽・映像ソフトを販売している全国約33,110店舗の実売データをもとに集計した「オリコン2015年上半期ランキング」(集計期間:2014年12月22日付~2015年6月15日付)を発表した。

AKB48が史上初の快挙、5年連続上半期シングル1位・2位独占

「シングルセールス部門」では、AKB48の40thシングル「僕たちは戦わない」(5月20日発売/You,Be Cool! / KING RECORDS)が期間内売上177.2万枚で1位を獲得。2位にも同じくAKB48の39thシングル「Green Flash」(3月4日発売/同)が104.1万枚で入り、1位、2位を独占した。

AKB48の「上半期シングル1位連続獲得年数」は、2011年「Everyday、カチューシャ」(2011年5月発売)、2012年「真夏のSounds good !」(2012年5月発売)、2013年「さよならクロール」(2013年5月発売)、2014年「ラブラドール・レトリバー」(2014年5月発売)と今作で5年連続となる。「上半期シングル1位・2位独占の連続達成年数」も同じく2011年から5年連続とし、いずれも史上初の快挙を自己記録更新で達成した。

さらにAKB48は、上半期におけるミリオンセールス連続達成年数を2011年から5年連続としており、こちらもランキング発表開始以来、シングル(1968年~)、アルバム(1970年~)通じて史上初。これまでの最高記録であった自身(2011年~2014年)とB’z(1993~1996年)、Mr.children(1994年~1997年)の4年連続を塗り替えての歴代新記録樹立となった。

AKB48グループ次期総監督・横山由依コメント
私達、AKB48の「Green Flash」「僕たちは戦わない」が、2015年オリコン上半期シングルランキングでTOP2を獲得することができ、大変うれしく思います。そして、上半期シングルランキングで史上初の「5年連続1位、2位独占」とお聞きし、とても光栄に思います。
いつもAKB48を応援してくださっているファンの皆様のおかげです。
ありがとうございます。
AKB48は今、新たなステージへの過渡期にあると思います。
グループみんなで力を合わせてがんばります。
今後とも変わらぬ応援よろしくお願いします。

オリコン2015年上半期ランキング -シングルセールス部門-

順位 売上枚数
(万枚) タイトル アーティスト 発売元 1 177.2 僕たちは戦わない AKB48 キングレコード 2 104.1 Green Flash AKB48 キングレコード 3 68.7 コケティッシュ渋滞中 SKE48 エイベックス・トラックス 4 61.5 命は美しい 乃木坂46 ソニー・ミュージックレコーズ 5 55.2 青空の下、キミのとなり 嵐 ジェイ・ストーム 6 52.6 Don’t look back! NMB48 laugh out loud records 7 52.1 Sakura 嵐 ジェイ・ストーム 8 47.5 Thank youじゃん! Kis-My-Ft2 エイベックス・トラックス 9 45.5 starting over 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE rhythm zone 10 44.8 12月のカンガルー SKE48 エイベックス・トラックス

三代目JSB「PLANET SEVEN」で初の上半期アルバム1位

「アルバムセールス部門」では、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下三代目 J Soul Brothers)の「PLANET SEVEN」(1月28日発売/rhythm zone)が期間内売上82.0万枚で1位を獲得した。

三代目 J Soul Brothers の上半期ランキング1位獲得は、シングル・アルバムのCDランキング、DVD・BDの映像ランキングを通じて初めて。アルバムは、昨年上半期に「THE BEST/BLUE IMPACT」(昨年1月発売)で記録した4位が自己最高位だった。

また今回、「PLANET SEVEN」が記録した期間内売上82.0万枚は、昨年、「THE BEST/BLUE IMPACT」(昨年1月発売)の同32.4万枚を大きく上回りデビュー以来の最高記録となった。さらに今年上半期の「アーティスト別トータルセールス」でもデビュー以来最高額となる56.3億円で初の同ランキングTOP3入り。まさに飛躍の上半期となった。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 今市隆二コメント
この度オリコン2015年上半期ランキング アルバムセールス部門で「PLANET SEVEN」が1位を獲得しました!!
このアルバムを多くの方々が手に取ってそして聴いて下さり今回このような素敵な賞を頂きました!
本当に感謝の気持ちで一杯です!
三代目J Soul Brothersこれからも変わらず初心と謙虚、感謝の気持ちを忘れずに一生懸命活動していきたいと思います!!
本当にありがとうございました!!

オリコン2015年上半期ランキング -アルバムセールス部門-

順位 売上枚数
(万枚) タイトル アーティスト 発売元 1 82.0 PLANET SEVEN 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE rhythm zone 2 78.1 ここがロドスだ、ここで跳べ! AKB48 キングレコード 3 50.1 葡萄 サザンオールスターズ ビクターエンタテインメント 4 46.0 Tree SEKAI NO OWARI トイズファクトリー 5 35.5 REFLECTION Mr.Children トイズファクトリー 6 30.2 透明な色 乃木坂46 ソニー・ミュージックレコーズ 7 28.7 EPIC DAY B’z バーミリオンレコード 8 27.0 19 -Road to AMAZING WORLD- EXILE rhythm zone 9 26.7 WITH 東方神起 エイベックス・トラックス 10 26.3 E.G.TIME E-girls rhythm zone

嵐、2015年上半期最多6冠 期間内総売上額59.4億円

今年上半期における音楽ソフト(シングル・アルバム・ミュージックDVD・ミュージックBlu-ray Disc(以下BD))の総売上金額が最も高かったアーティストは、期間内総売上金額59.4億円を記録した嵐で、「アーティスト別トータルセールス(ATS)部門」1位を獲得した。上半期同部門を制するのは2010年と2013年に続き2年ぶり3度目となる。

さらに嵐は、期間内にDVDが34.2万枚、同じくBDが29.0万枚を売り上げた映像作品「ARASHI BLAST in Hawaii」(4月15日発売/ジェイ・ストーム)が、「総合DVD作品別」「ミュージックDVD作品別」「総合BD作品別」「ミュージックBD作品別」、そして音楽DVDとBDの売上枚数の合算による「総合ミュージックDVD・BD」でいずれも1位となり、上半期映像(DVD・BD)ランキング史上初の全部門制覇を達成した。

これによって2009年、2010年、2013年、2014年に自身が記録した上半期3冠を上回り、ATS部門とあわせて2015年上半期ランキング最多の“6冠”を手中に収めた。

また、嵐は上半期映像ランキング「総合DVD作品別」での1位獲得年数を2011年から5年連続、同獲得回数を通算6回にそれぞれ伸ばし、自身の持つ上半期発表における歴代1位記録である「連続1位獲得年数」、ならびに「通算1位獲得数」をそろって更新した。

同じく「総合BD作品別」でも嵐の記録更新ラッシュは止まらず。「ARASHI BLAST in Hawaii」は音楽作品史上初の上半期同部門1位を獲得するとともに、期間内売上枚数も自身の「ARASHI アラフェス’13 NATIONAL STADIUM 2013」(昨年5月発売)を大きく上回り、ミュージックBD作品としては上半期ランキング歴代最高の売上枚数をマークするなど、2015年上半期でもその人気ぶりを存分に見せつけた。

アーティスト別トータルセールス部門

順位 売上金額(億円) 売上枚数(万枚) アーティスト 発売元 1 59.4 179.1 嵐 ジェイ・ストーム 2 59.0 367.2 AKB48 キングレコード,AKS 3 56.3 177.7 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE rhythm zone 4 37.5 120.0 Kis-My-Ft2 エイベックス・トラックス 5 34.4 73.6 関ジャニ∞ インフィニティ・レコーズ テイチクエンタテインメント/インペリアルレコード

オリコン調べ(oricon.co.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP