ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デザイン性を損なうことなく、Lightningケーブルの断線を防ぐ保護カバーが優秀!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

よく使うものほど、汚れたり壊れたり、消耗する頻度が高いもの。その例に漏れないのが、気付けば毎日、結構なペースで使っているLightningケーブルだ。充電しながらスマートフォンを操作することもよくあるから、ケーブルの根元がねじれたり折れたりして、断線してしまった経験がある人も多いはず。

Apple製品の場合、もしケーブルが断線してしまっても、iPhone/iPadに付属するものであれば保証期間以内の交換は無料。だが、断線を予防できるのであれば、それに越したことはない。物は大切にしたいし、よく使うものほどトラブルなく長持ちさせたいのが人の心というものだ。

とはいえ、具体的な予防策はといわれると、あまりピンとこないのではないだろうか。量販店などに行けば、断線対策をうたった商品も多く出回っているが、ケーブルが太かったり、固かったり、正直デザインとしてはイマイチなものがほとんど。Appleユーザーであれば、純正のデザイン性をできる限り損なうことなく解決したい、と思うはず。

そんなときにぜひ取り入れたいのが、「Lightning Saver」だ。これを装着すれば、いちばん力のかかりやすい部分を保護し、ケーブルの断線の原因となるねじれを防ぐことが可能。シンプルな構造で、使い方も簡単なのもうれしい。コネクター付近にガードとなるパーツをつけるだけで、ケーブルのストレスを軽減し、Lightningケーブルをプロテクトすることができるのだ。さらに、カラーバリエーションが豊富でデザイン性にも優れているので、Appleの純正デザインを損なうことが無いのもうれしい。


左:Lightning Saver 右:Magsafe Saver

「Lightning Saver」は、クラウドファンディングサイト「Indigogo」で紹介されており、Magsafeケーブル用も展開。Lightning Saverは5ドル(約600円)で2個、Magsafe Saverは6ドル(約700円)で2個という、気軽に試せる価格。海外発送にも対応しているので、気になる人はぜひお試しあれ!

関連リンク

Lightning Saver

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP